交換留学・派遣留学

新潟県立大学では、外国語能力の向上や外国の文化や社会を研究するために、海外の大学等に留学することを奨励しています。ただし、どんな目的の留学でも成果をあげるためには、事前に留学先の情報を収集し、期間中の学習計画をきちんと立てておくことや、留学前に十分な学力をつけておくことが大切です。
新潟県立大学の留学には交換留学、派遣留学、その他の学外プログラムの3種類があります。交換留学と派遣留学は、大学の許可により留学する制度で、公的なサポートが受けられます。それぞれ申込みの締め切り日が設定されていますが、事前の手続きなどに時間を要するので、留学に関心のある人は早めに国際交流センター(国際交流課)に連絡し、紹介された担当教員と個別に具体的な相談を始めてください。また、留学奨学金の情報も国際交流センター(国際交流課)で提供しています

交換留学、派遣留学の詳細は、パンフレットをご覧ください。

交換留学

海外の大学との間で結んだ協定に基づいて留学する制度です。この協定によって留学生の受け入れも行われます。毎年の人数の上限は各協定で定められています。
留学期間は通常、半年から1年間で、在学年数に含まれます(休学して留学することはできません)。
留学中も本学に授業料を納めなくてはなりませんが、留学先大学の授業料は免除されます。
留学中に学んだ科目の一部について、帰国後に本学の単位として認定を受けることが可能です。また、日本学生支援機構(JASSO)などの学外の奨学金や、本学独自の留学奨学金に応募することができます。

派遣留学

海外の大学との間で結んだ協定に基づいて留学する制度です。
留学期間は通常、半年から1年間で、在学年数に含める(休学しないで留学する)か、含めない(休学して留学する)かを選択することができます。ただし、留学が半年間を超える場合は休学する人が多いようです。いずれの場合も留学先大学に授業料を納める必要があるので、休学しない場合は本学と留学先大学の両方に授業料を納めることになります。
留学中に学んだ科目の一部について、帰国後に本学の単位として認定を受けることが可能です。また、日本学生支援機構(JASSO)などの学外の奨学金や、本学独自の留学奨学金に応募することができます。

学外プログラム

大学間の協定によらずに、希望する大学に学生個人の責任で留学するものです。本学の公式サポートの対象外となります。
留学中に学んだ科目を本学の単位として認定することはできません。また、応募できる奨学金に制限があり、本学独自の奨学金も支給の対象外となります。

留学情報ウェブサイト・リンク

日本学生支援機構 (JASSO) 海外留学支援サイト

http://ryugaku.jasso.go.jp/

海外留学を考える学生に役立つ、国・地域別、目的別、留学準備、奨学金などの多様な情報にアクセスすることができるサイトです。

日本学生支援機構 (JASSO) 海外留学支援サイト 情報リンク集

http://ryugaku.jasso.go.jp/link/

主として各国の公的な機関が提供している、留学関連情報のリンク集がまとめられているサイトです。

◇総合情報
―留学準備情報
―諸外国情報
―渡航安全情報
―斡旋業者について 等

◇奨学金・ローンに関する情報

◇主な語学・学力テスト情報

◇海外安全・生活情報

◇留学政策・統計・調査等の情報

※それぞれのサイトの提供する情報については本学が責任を負うものではありません。