学長あいさつ

ごあいさつ(学長から皆様へ)

新潟県立大学は、「国際性の涵養」「地域性の重視」「人間性の涵養」を教育研究の基本理念として平成21年に創立されました。日本海側の最大都市新潟に立地する本学は、爾来、「国際地域学部」と「人間生活学部」の両学部において、前身の県立新潟女子短期大学の歴史を受け継ぎつつ、国際社会、語学、比較文化に関する専門性や幼児教育、食と健康に関する専門性に優れ、高い実践力を備える人材を育成すると共に、国際地域学や人間生活学における研究の発展に取り組んでまいりました。この間、平成27年には国際地域学に関する高度な教育研究を推進する組織として「大学院国際地域学研究科」を設置しました。さらに、令和2年には国際経済と地域経済を中心とする経済分野を専門とする実践力のある人材の育成と国際経済と地域経済に関する研究を担う教育研究組織として、新たに「国際経済学部」を設置しました。設立後12年を経て、本学は、多くの意欲溢れる学生が集い、高度な専門力と高い実践力を備えた人材の育成を担う高等教育機関としての着実な歩みを続けています。

本学に迎え入れた学生たちは修学し、やがて実践の場に出て行きます。それに備えて、豊かな教養としっかりとした基礎をもつ専門力を高める教育を充実しなければなりません。グローバル化し、情報化する国際社会や地域社会で活躍し、リードするために、人文科学分野における高い専門能力、語学力・コミュニケーション能力、幼児教育や人間生活の基盤を支える食と健康に関する実践的専門能力、企業、産業、国際経済や地域経済の課題に取り組む実践的専門能力を修得するために、本学では周到に準備した教育カリキュラムを展開しています。また本学は、国内大学はもちろんですが、諸外国の教育研究機関との国際交流を通じて様々な連携を深めております。そうした連携に学生諸君にも積極的に関わっていただきたいと思っています。

昨年来、世界に感染が拡大している新型コロナウイルスから生命と安全を守るために、人と人の接触、地域間や国際的な人の移動を始めとして、様々な社会活動について制限を余儀なくされています。内外の教育研究の現場は例外なく困難に直面しています。本学も、感染を防止し、質の高い教育研究を実現するために、対面授業の実施とオンライン授業の活用など様々な措置を講じてまいりました。本学に集う学生達が、コロナ禍にあっても安全で充実した学生生活を過ごし、新潟の平野、海、山に広がる恵まれた自然環境の中で豊かな人間に成長し、社会に飛翔しうるように、大学として万全を尽してまいります。

本学は、卓越した教育研究拠点をめざして、国際地域学部、人間生活学部、国際経済学部、大学院国際地域学研究科、外国語教育センター、国際交流センター等の教育研究組織・学生支援組織・事務組織が一体となって、優れた人材の育成、学術研究の推進、地域社会への貢献に全力で取り組みます。

新潟県立大学学長