アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

1 国際地域学部

(1)教育内容・特色

国際地域学部では、外国語の高い運用能力の習得と、国際関係と地域の文化・社会の複合的な学修をとおして、「国際と地域」の諸課題に対応できる人材を育成します。

(2)国際地域学部が求める学生像

英語の高いスキルを習得する意欲と、そのための十分な基礎的能力を持ち、さらに以下のいずれか一つまたは複数を志向する人を求めます。

  • 現代世界が直面する諸課題について主体的に学ぶこと。
  • 異なる文化や言語について比較、探求すること。
  • ロシア・中国・韓国のいずれかの言語を習得し文化や社会を理解すること。

上記に加えて、以下のことを志向する人も求めています。

  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)の取得をめざすこと。
  • 海外留学、国際交流、地域のボランティア活動などに積極的に参加すること。
(3)大学入学までに身につけておくことが望ましい知識・能力・態度

高等学校における学力の三要素、「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力」、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」に関して、以下の点を次項に掲げる方法で確認・評価します。

  • 基礎的な知識・技能
    英語の4技能「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく習得していること。入学時にCEFR(ヨーロッパ共通参照枠)B1レベル(「自立した言語使用者」のレベル、英検2級程度)以上の英語運用能力を有していること。
  • 思考力・判断力・表現力
    現代社会の課題や多様な文化に対する関心と洞察力を有し、自分の考えを論理的にまとめて、わかりやすく表現できること。
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    国際社会の平和と発展、多文化共生社会の実現、などのために貢献する意欲を有し、それに向かって幅広い知識を身につけたり活動に参加したりするなど、自ら進んで積極的に学んでいること。
(4)選抜の基本方針

【学校推薦型選抜】
小論文、面接及び調査書等の内容を総合的に用いて、本学部で学ぶための基礎となる「知識・技能」と「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」を評価します。小論文では特に「問題理解力」「文章構成力」「論理的思考力」等を評価します。

【特別選抜】(海外帰国生特別選抜)
書類審査、面接及び筆記試験の内容を総合的に用いて、本学部で学ぶための基礎となる「知識・技能」と「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」を評価します。試験は日本語と英語で行い、それぞれの言語における「理解力」「論理的思考力」「文章構成力」「表現力」等を評価します。

【特別選抜】(外国人留学生特別選抜)
書類審査、面接及び筆記試験の内容を総合的に用いて、本学部で学ぶための基礎となる「知識・技能」と「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」を評価します。試験は日本語と英語で行い、それぞれの言語における「理解力」「論理的思考力」「文章構成力」「表現力」等を評価します。

【一般選抜A日程】
大学入学共通テストにおいては3教科3科目又は4科目を課し、本学部で学ぶための基礎となる「知識・技能」と「思考力・判断力・表現力」を評価します。個別学力検査では英語を課し、主に「思考力・判断力・表現力」に関わる「読解力」「表現力」を評価します。また、調査書により主に「主体性・協働性」を評価します。

【一般選抜B日程】
大学入学共通テストにおいては5教科5科目又は6科目を課し、本学部で学ぶための基礎となる「知識・技能」と「思考力・判断力・表現力」を評価します。個別学力検査では英語を課し、主に「思考力・判断力・表現力」に関わる「読解力」「表現力」を評価します。また、調査書により主に「主体性・協働性」を評価します。

【一般選抜C日程】
大学入学共通テストにおいては英語(リスニングを含む)および国語を課し、本学部で学ぶための基礎となる「知識・技能」と「思考力・判断力・表現力」を評価します。個別学力検査では小論文を課し、主に「思考力・判断力・表現力」に関わる「問題理解力」「文章構成力」「論理的思考力」等を評価します。また、調査書により主に「主体性・協働性」を評価します。

2 国際経済学部

(1)教育内容・特色

国際経済学部は、「国際的視野から経済・産業・企業の仕組みを理解する専門知識を有し、情報分析力、確かな語学力・国際コミュニケーション力を有する人材を育成する」ことを目的とし、専門性の高い能力を有する人材の教育を目指しています。また、質の高い教育を支え、地域や社会のニーズを踏まえた研究活動を推進していきます。

(2)国際経済学部が求める人材像

国際経済学部では、次のような学生を求めています。

入学を期待する人材

  • 国際経済及び地域経済に関心を有し、専門的能力を高めることに意欲を有する者
  • 経済を読み解くための情報・データに関心を有し、その分析能力を高めることに意欲を有する者
  • 国際経済や地域経済に関して学んだ知識や思考力を生かして社会や地域に貢献する意欲を有する者
(3)大学入学までに身につけておくことが望ましい知識・能力・態度

高等学校における学力の三要素、「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力」、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」に関して以下の学力評価を行います。

  • 基礎的な知識・技能
    経済学を学ぶために必要な基礎学力として、高等学校等で身に付ける英語、国語、数学の知識。特に英語に関しては、「読む・書く・話す・聞く」の4技能をバランスよく習得し、幅広い基礎学力を身に付けていること。
  • 思考力・判断力・表現力
    広く経済社会の様々な動きや変化に対する探究心を有し、自らの考えを論理的に表現し、わかりやすく伝えることができること。
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    国際及び地域の経済問題に常に関心を持ち、それらの解決に向けて専門知識・思考方法を自ら活用し、国際社会及び地域社会に積極的に貢献しようという意識を有していること。
(4)選抜の基本方針

【総合型選抜】
面接及び出願書類等(調査書、評価書、志望理由書、各種の高度な資格・技能試験の証明書)の内容により、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」を評価します。

【学校推薦型選抜】
小論文により、主に「思考力・判断力・表現力」を評価します。面接及び出願書類等(調査書、推薦書、志望理由書)の内容により、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」を評価します。

【特別選抜】(海外帰国生特別選抜)
小論文により、主に「思考力・判断力・表現力」を評価します。面接及び出願書類等(成績証明書等、志望理由書、英語外部試験成績証明書)の内容により、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」を評価します。

【特別選抜】(外国人留学生特別選抜)
特別選抜(海外帰国生特別選抜)に準じて総合的に判定します。

【一般選抜A日程】
大学入学共通テストにおいては5教科5科目又は6科目を課し、主に「知識・技能」を評価します。個別学力検査では、英語、数学又は小論文を課し、「知識・技能」及び「思考力・判断力・表現力」を評価します。また調査書により、主に「主体性・協働性」を評価します。

【一般選抜B日程】
大学入学共通テストにおいては3教科3科目を課し、主に「知識・技能」を評価します。個別学力検査では、英語、数学又は小論文を課し、「知識・技能」及び「思考力・判断力・表現力」を評価します。また調査書により、主に「主体性・協働性」を評価します。

【一般選抜C日程】
大学入学共通テストにおいては英語(リスニングを含む)および数学を課し、主に「知識・技能」を評価します。個別学力検査では、小論文を課し、主に「思考力・判断力・表現力」を評価します。また、調査書により、主に「主体性・協働性」を評価します。

3 人間生活学部

人間生活学部は、人間に対する深い理解に基づき、グローバル化の進む地域の中で人々のQOL(Quality of Life)の向上を志向しながら、「育」と「食」を中心に豊かなヒューマンライフを創造し、子どもから高齢者まで生き生きと暮らせる社会の実現に貢献できる人材を育成することを目的としています。人間生活学部は、「育」をキーワードとする子ども学科と、「食」をキーワードとする健康栄養学科からなっており、それぞれの学科の目的を理解し、夢に向かって努力する学生を求めています。

子ども学科

(1)教育内容・特色

人間に対する深い理解に基づき、子どもの発達とそれを支える教育、生活環境及び社会環境に関して科学的に探求し、実践的・専門的力量を持つ中核的人材を育成します。

(2)子ども学科が求める学生像

子ども学科では、次のような学生を求めています。

  1. 乳幼児期の子どもの育ちや子育て支援に関する基礎的な知識・技能をもつ人
  2. 子どもや家庭、地域社会、国際社会の様々な課題に関心を持ち、その解決を求める際に必要となる思考力・判断力・表現力をもつ人
  3. 地域社会並びに国際社会で活躍する教育、保育、社会福祉の専門職者となるため、他者の考え、気持ちを理解し、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度をもつ人
(3)大学入学までに身につけておくことが望ましい知識・能力・態度

高等学校における学力の三要素、「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力」、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」に関して以下の学力評価を行います。

  • 基礎的な知識・技能
    ・高等学校までの教育課程を介して培われる各教科の基礎的・基本的な知識及び技能
    ・教育、保育、社会福祉を学術的に探究するのに必要となる総合的な知識及び技能
  • 思考力・判断力・表現力
    ・情報を適切に読み解き、問題を深く理解する思考力
    ・物事を複数の視点から考察し、自ら選択、評価、決定を行う判断力
    ・自らの考えを他者に対して論理的かつわかりやすく伝える表現力
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    ・専門職者を目指して様々な活動に主体的に取り組むとともに、他者に対して共感性や思いやりの心を持って行動する
    ・様々な立場の人々とコミュニケーションをとりながら協働して活動する
    ・グローバルな視野と多様な社会や人への関心を持つ
(4)選抜の基本方針

【学校推薦型選抜】
小論文、面接及び出願書類(調査書・志望理由書等)の内容により、本学科で学ぶために必要な「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」と専門職に求められる適性及び意欲を評価します。

【特別選抜】(海外帰国生特別選抜)
学校推薦型選抜に準じて総合的に判定します。

【特別選抜】(外国人留学生特別選抜)
学校推薦型選抜に準じて総合的に判定します。

【一般選抜A日程】
総合的な学力を活かし、地域社会並びに国際社会で活躍できる力を重視します。大学入学共通テストの国語、英語(リスニングを含む)、数学、理科及び選択科目の5教科により本学科で学ぶために必要な「知識・技能」「思考力・表現力・判断力」を評価します。面接及び出願書類により「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」と専門職に求められる適性及び意欲を評価します。

【一般選抜B日程】
様々な課題を思考、読解、分析し、自らの考えを論理的かつ的確に表現できる力を重視します。大学入学共通テストの国語、英語(リスニングを含む)、選択科目の3教科により「知識・技能」「思考力・表現力・判断力」を問うほか、小論文により主に「思考力・判断力・表現力」を評価します。面接・調査書等により「主体性・協働性」と専門職に求められる適性及び意欲を評価します。

【一般選抜C日程】
語学力を活かし、地域社会並びに国際社会で活躍できる力を重視します。大学入学共通テストの国語、英語(リスニングを含む)、選択科目の3教科により本学科で学ぶために必要な「知識・技能」「思考力・表現力・判断力」を評価します。面接及び出願書類により、主に「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」と専門職に求められる適性及び意欲を評価します。

健康栄養学科

(1)教育内容・特色

社会におけるあらゆる人の健康と生活の質の向上に寄与するため、科学的に探求し、実践的・専門的力量を持つリーダーに成長できる管理栄養士を育成します。

(2)健康栄養学科が求める学生像

健康栄養学科では、次のような学生を求めています。

  1. 栄養学を学び続けるために必要な基礎的な知識・技能をもつ人
  2. 情報の収集・評価・分析・統合と関連付け・発信に必要な、思考力・判断力・表現力をもつ人
  3. 管理栄養士として、地域社会並びに国際社会で食を通して人々の健康や生活の質の向上に貢献したいという意思をもち、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度をもち、課題を発見し、解決できる人
(3)大学入学までに身につけておくことが望ましい知識・能力・態度

高等学校における学力の三要素、「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力」、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」に関して以下の学力評価を行います。

  • 基礎的な知識・技能
    ・高等学校までの教育課程を介して培われる各教科の基礎的・基本的な知識及び技能
    ・栄養学を学術的に探究するのに必要となる知識及び技能
  • 思考力・判断力・表現力
    ・課題は何かを考え、解決しようと深く考える思考力
    ・情報を収集し複数の視点から評価・分析し、客観的、的確に決定する判断力
    ・自らの判断や考えを他者に対して論理的かつ的確に説明する表現力
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    ・管理栄養士として、食を通して社会や人の健康や生活の質の向上に貢献したいという意思
    ・様々な立場の人々とコミュニケーションをとりながら協働して活動する
    ・グローバルな視野と多様な社会や人への関心を持つ
(4)選抜の基本方針

【学校推薦型選抜】
化学の試験により栄養学を学ぶうえで必要な「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」を評価します。面接及び出願書類(調査書・志望理由書等)の内容により「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」と管理栄養士に求められる適性及び意欲を評価します。

【特別選抜】(海外帰国生特別選抜)
学校推薦型選抜に準じて総合的に判定します。

【特別選抜】(外国人留学生特別選抜)
学校推薦型選抜に準じて総合的に判定します。

【一般選抜A日程】
栄養学の知識や情報の取得・発信に意欲がある学生を選抜します。
大学入学共通テストの国語、英語(リスニングを含む)、数学、理科の4教科により栄養学を学ぶために必要な「知識・技能」「思考力・表現力・判断力」を評価します。面接及び出願書類により「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」と管理栄養士に求められる適性及び意欲を評価します。

【一般選抜B日程】
人々の健康に貢献したいという意欲を持つ多様な学生を選抜します。大学入学共通テストの国語、英語(リスニングを含む)、数学、理科及び選択科目の5教科により栄養学を学ぶために必要な「知識・技能」「思考力・表現力・判断力」を評価します。面接及び出願書類により「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」と管理栄養士に求められる適性及び意欲を評価します。

【一般選抜C日程】
先進的な栄養学の知識や情報の取得・発信に意欲がある学生を選抜します。大学入学共通テストの英語(リスニングを含む)及び理科により栄養学を学ぶために必要な「知識・技能」「思考力・表現力・判断力」を評価します。面接及び出願書類により「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」と管理栄養士に求められる適性及び意欲を評価します。