平成25年4月

4月4日(木)

新入生オリエンテーション

4月5日(金)

2・3年次オリエンテーション

新入生英語プレースメントテスト

全学健康診断

4月8日(月)

新潟県立大学入学式

平成25年4月8日(月)に新潟県立大学第5回入学式を挙行しました。

多くの保護者の方々に見守られ、国際地域学部国際地域学科189名、人間生活学部子ども学科40名、健康栄養学科40名、総勢269名が入学しました。入学生を代表し、人間生活学部子ども学科の品田華那さんが宣誓を行いました。

4月9日(火)

前期授業開始

4月29日(月・祝)

ドナルド・キーン講演会

ドナルド・キーン講演会を開催しました。

日時:4月29日(月・祝)午後2時~午後3時30分
会場:メディアシップ2F 日報ホール(230人)
内容:第1部【講演】「日本文学史の主要旋律は何か?」
   猪口孝 新潟県立大学 学長
   第2部【講演】「私と新潟」
   ドナルド・キーン コロンビア大学 名誉教授
主催:新潟日報社・新潟県立大学
協賛:株式会社ブルボン

平成25年5月

5月2日(木)

「UNP STREAM-CAMPUS」放送開始

レクスタTVにて「UNP STREAM-CAMPUS」を放送します

毎週木曜日12時から(5月23日以降は13時から)、レクスタTVにて「UNP STREAM-CAMPUS」を放送します。
学生や教員が新潟県立大学にまつわる話題を語り尽くします。
視聴は以下のURLからどうぞ。
レクスタTV

5月15日(水)

体育祭(学生自治会主催)

5月18日(土)

2期生による臨地実習合同報告会開催(健康栄養学科)

健康栄養学科では、5,6セメスターで臨地実習Ⅰ(学校・福祉施設)、Ⅱ(病院)、Ⅲ(保健所)を行います。
臨地実習は管理栄養士課程の必須科目で、現場の管理栄養士の指導の下、専門的な知識や技術の習得を目的としています。
5月18日(土)に開催された報告会では、昨年度行った臨地実習のまとめとして、4年生が自分たちで決めたテーマ (「施設別 調理上の特徴」「栄養教育」「離乳食指導」など)について、学んだことを発表しました。
当日は、健康栄養学科の1~3年生に加え、実習でご指導いただいた管理栄養士の先生方にも来ていただき、 貴重なご意見やアドバイスを頂きました。

5月28日(火)

人間生活学部子ども学科 前教授 石本勝見先生に名誉教授の称号が贈られました

初代人間生活学部長及び学生部長として本学の発展に大いに貢献され、本年3月31日をもって退職された石本勝見先生に、猪口孝学長から名誉教授の称号が贈られました。
石本先生は、平成13年4月から平成24年3月まで県立新潟女子短期大学生活科学科生活福祉専攻教授として、その後引き続き平成25年3月まで新潟県立大学人間生活学部教授として活躍されました。
石本先生の益々のご活躍をお祈りすると共に、本学の更なる発展に引き続きご助言をいただければ幸いです。

平成25年6月

6月2日(日)

食物アレルギーに関する講座を共催しています

本学で2013年第8期アレルギー大学(新潟)の第1回講座「子どものこころとからだ-アタッチメントとからだの信号」が開催されました。
アレルギー大学は、「食物アレルギー」を体系的に学ぶ全国で唯一の講座です。新潟会場では、この後6月から8月にかけて8回の講座が予定されています。
詳細については、以下のURLをご覧ください。
アレルギー大学

6月18日(火)

「新潟県立大学学生歌」制作メンバーが知事を表敬訪問しました

「新潟県立大学学生歌」制作メンバーの学生3名が知事を表敬訪問し、学生から知事に学生歌「明日の向こうへ」のCDを手渡した後、合唱を披露しました。
知事からは「すばらしい歌ですね」とお褒めの言葉をいただきました。
県大NOWの記事もご覧ください。

6月19日(水)

第1回国際情勢講演会を開催しました

今年度第1回の国際情勢講演会(於:万代市民会館)には、前駐アメリカ日本大使の藤崎一郎氏をお招きし、「オバマ第2期政権の外交について」と題し、近年の日米関係の現状を読み解くためのキーワードについて大変わかりやすくお話しいただきました。
当日はあいにくの天気となりましたが、180名を超える方にご来聴いただき、最後は多くの参加者と藤崎氏との活発な質疑応答、そしてクイズ正解者への表彰など、大盛況のうちに終了となりました。
※プログラムの詳細はチラシ[PDFファイル 302KB]をご覧ください。

6月25日(火)

学長賞・成績優秀者表彰を行いました

平成24年度の各学科成績最優秀者(国際地域学科は上位4名)が猪口学長から「学長賞」を授与されました。
表彰状とともに保護者会からの副賞も贈られ、猪口学長からは「来年もまたこの場でお会いできるよう、さらにがんばってください」と、激励の言葉がありました。
副学長、学部長、学科長からも祝福の言葉と温かい拍手が贈られ、とても和やかな表彰式となりました。

平成25年7月

7月1日(月)

太平洋国立大学(ロシア)との学生交換協定を締結しました

平成25年7月1日、太平洋国立大学のイヴァンチェンコ学長が本学を訪れ、本学と同大学との学生交換協定の調印式を行いました。

7月12日(金)

第2回国際情勢講演会を開催しました

今年度第2回の国際情勢講演会(於:万代市民会館)には、前駐ブラジル日本大使の島内憲氏をお招きし、「我が国外交の課題~新興国外交の観点から~」と題し、ブラジルをはじめとした新興国と日本との外交関係について、外交官としてご活躍されたご自身の体験を交えお話し頂きました。
当日は160名を超える方にご来聴いただき、活発な質疑応答のすえ大盛況のうちに終了となりました。
※プログラムの詳細はチラシ[PDFファイル 302KB]をご覧ください。

7月14日(日)
・15日(月)

オープンキャンパス

7月20日(土)

国際シンポジウム「北東アジアにおけるグローバル時代の人財育成」を開催しました

日時:7月20日(土)午後1時~午後4時
会場:チサンホテル&コンファレンスセンター新潟 4F 越後西の間
開会あいさつ 新潟県立大学学長  猪口 孝
知事メッセージ 新潟県知事 泉田 裕彦
基調講演
ロシアにおける留学生交流の現状と課題
 太平洋国立大学副学長 アレクサンダー・ズバーレフ
中国における留学生交流の現状と課題
 黒竜江大学東語学院長 陳 百海
韓国における留学の現状とその効果
 韓国外国語大学校日本語大学学長 崔 在喆 代理:韓国外国語大学校 講師 趙 賢眞
日本におけるグローバル人財の育成の課題
 新潟県立大学教授 山本 吉宣
パネルディスカッション
テーマ:地域に根ざした国際的な人財を大学はどう育てるか
コーディネータ:新潟県立大学学長 猪口 孝
パネリスト:
(株)シアンス 代表取締役社長/新潟経済同友会教育問題委員会 委員長 野口 一則
 上記基調講演者4名
主催:新潟県立大学
共催:新潟県
後援:新潟経済同友会 一般財団法人ワンアジア財団
※プログラムの詳細はチラシ[PDFファイル 266KB]をご覧ください。

7月21日(日)

新潟人間生活学会

第4回新潟人間生活学会を開催しました。

日時:7月21日(日)午後1時~午後5時
会場:新潟県立大学1257講義室、1313講義室

平成25年7月21日(日)午後1時から5時まで、新潟県立大学において第4回新潟人間生活学会を開催しました。
大会テーマ「子どもの生きづらさと支援のあり方」について、新潟県はまぐみ小児療育センター所長東條惠先生に特別講演の講師を依頼し、大変貴重な経験と見識をお話しいただきました。
その後、パネルディスカッションを子育て何でも相談センターきらきらの川村雅子さんと子育て支援センターほほえみの宮嶋扶美子さん、助言者に東條先生に加わっていただきそれぞれの立場の子育て支援の現状や子どもの生きづらさに対する対応について意見交換していただきました。
保育現場等から70数名、新潟県立大学学生・教員100名ほど参加し、会場いっぱいとなり活気溢れる学会となりました。
今年度、初めて開催したポスターセッションにも多くの鑑賞者があり、学生の研究発表等興味深く耳を傾けている姿が多くありました。
ご多忙の中、講演講師の東條先生、パネリストの川村さん、宮嶋さんにお出でいただき、充実した時間を共有できたことに感謝し、学会報告とさせていただきます。
※プログラム等の詳細はチラシ[PDFファイル 468KB]をご覧ください。

7月24日(水)

第3回国際情勢講演会を開催しました

今年度第3回の国際情勢講演会(於:万代市民会館)には、元外務省中東アフリカ局参事官の宮家邦彦氏をお招きし、「最近の世界情勢と日本外交について」と題し、東アジア地域、特に中国の国家安全保障観と政策の原動力についてご自身の意見を交えながらお話いただき、今後日本が東アジア地域で何を考えていくべきか解説をしていただきました。
当日は180名を超える方にご来聴いただき、活発な質疑応答が行われ大盛況のうちに終了となりました。
※プログラムの詳細はチラシ[PDFファイル 302KB]をご覧ください。

平成25年8月

8月9日(土)

夏季休業

平成25年9月29日(日)まで

8月24日(土) ~31日(土)

サマーセミナー

サマーセミナーを開催しました。

日時:8月24日(土)~8月31日(土)
会場:新潟県立大学 1257講義室 他

8月24日から31日までの8日間、ロシア・太平洋国立大学、中国・黒龍江大学、韓国・韓国外国語大学校と新潟県立大学の4大学の学生が参加して、サマーセミナー「グローバル化と地域発展」が新潟県立大学で開催されました。
猪口学長による歓迎のあいさつ、袴田茂樹教授の基調講演で開始したセミナーでは、バスツアーによる新潟市、県央地域、阿賀野川流域の見学、経済発展や公共政策の講義、4か国の学生グループでのディスカッション等を行うとともに、各国の料理作りを通した交流、地域の保育園での子どもたちとの交流等が行われました。

平成25年9月

9月15日(日)

オープンキャンパス

9月29日(日)

教育研究高度化推進事業シンポジウム

「アイデンティティの政治」再考-ジェンダー/セクシュアリティ、階級、文化表象を横断する-を開催しました

日時:9月29日(日)午後1時~午後5時30分
会場:新潟県立大学 1313教室
講師:Nishant Shahani(ワシントン州立大学准教授)、Io Palmer(ワシントン州立大学准教授)
内容:アメリカから、クイア理論(ジェンダー/セクシュアリティ研究の最先端)の若手研究者と、文化表象の実践を通して社会批評をおこなうアーティストをご招待して、シンポジウムを開催し、新潟県立大学卒業生と在学生による報告も行われました。第三部のパネルディスカッションでは一橋大学の丸山雄生氏によるコメントをもとに充実した討論がおこなわれました。
主催:新潟県立大学シンポジウム実行委員会、英語圏の思想・文化・歴史研究会
※プログラム等の詳細はチラシ[PDFファイル 440KB]をご覧ください。
写真(左上)シャハニ氏による特別講演、(右上)丸山氏によるコメント報告、(左下)パネルディスカッションにおけるパーマー氏の発言、(右下)ゲストと実行委員会のメンバー

平成25年10月

10月12日(土)

公開講座「新潟における食の風景」

平成25年度公開講座「新潟における食の風景」第1回マリラを開催しました。

日時:10月12日(土)午後1時30分~午後3時30分
会場:新潟県立大学 ぱれっと
講師:内山 秋善氏
内容:国産小麦と自家製天然酵母を使用して、手作りの石窯で近隣の木を使って焼くドイツパン
主催:新潟県立大学

今年度第1回の公開講座には、マリラ代表の内山秋善氏をお招きし、村上(志田平)地域やドイツパンについて、ご自身の経験を交えてお話いただきました。
当日は50名を超える方にご来聴いただき、おいしいパンを試食しながら活発な質疑応答が行われ大盛況のうちに終了となりました。

※プログラム、申込方法等の詳細はチラシ[PDFファイル 2.16MB]をご覧ください。

10月19日(土)

大学生のための食育セミナー「新潟の食の魅力を知る」

大学生のための食育セミナー「新潟の食の魅力を知る」を開催します。

日時:10月19日(土)午後1時30分~午後4時
会場:新潟県立大学 1313講義室および「ぱれっと」
内容:講演1 味噌・醤油から新潟を考える
       山崎醸造(株)広井 伸行氏
   講演2 郷土料理からみる新潟の食と農
       料理研究家 石田 恭子氏
   実演  蒸しカマドでごはんを炊く
       (有)小田製陶所 小田 正雄氏
主催:新潟県立大学
※プログラム、申込方法等の詳細はチラシ[PDFファイル 1.24MB]をご覧ください。

10月26日(土)・27日(日)

大学祭

10月27日(日)

新潟市・8大学連携シンポジウム
「つながる、広がる、地域のわ ~ 行政と大学の挑戦」

新潟市・8大学連携シンポジウム 「つながる、広がる、地域のわ ~ 行政と大学の挑戦」を開催します。

日時:10月27日(日)午後2時30分から午後5時 (午後1時30分~受付)
会場:新潟大学附属図書館 ライブラリーホール (新潟市西区五十嵐2の町8050)
※プログラム、申込方法等の詳細はこちらをご覧ください。

平成25年11月

11月17日(日)

公開講座「新潟における食の風景」

平成25年度公開講座「新潟における食の風景」第2回ふーど工房ゆうこを開催しました。

日時:11月17日(日)午後1時30分~午後3時30分
会場:新潟県立大学 ぱれっと
講師:五十嵐 祐子氏
内容:ごぼうやさつまいもなど、地元でとれる食材を使った、昔懐かしい味の笹団子
主催:新潟県立大学

今年度第2回の公開講座には、ふーど工房ゆうこ代表の五十嵐祐子氏をお招きし、三条(旧下田村)地域や笹団子について、ご自身の経験を交えてお話いただきました。
当日は45名の方にご来聴いただき、五十嵐氏から教わった上手な笹の剥き方を実践しておいしい笹団子を試食しながら、活発な質疑応答が行われ大盛況のうちに終了となりました。

※プログラム、申込方法等の詳細はチラシ[PDFファイル 2.16MB]をご覧ください。

11月30日(土)

大学生のための食育セミナー「新潟の食の魅力を知る」

大学生のための食育セミナー「新潟の食の魅力を知る」を開催します。

日時:11月30日(土)午後1時30分~午後3時
会場:新潟県立大学 1313講義室
講師:村松 芳多子(本学教員)、渡邊 令子(本学教員)
内容:あなたの食べ方を調べてみませんか?
主催:新潟県立大学
※プログラム、申込方法等の詳細はチラシ[PDFファイル 1.24MB]をご覧ください。

平成25年12月

12月7日(土)

第3回 お話と絵でつづる冬の日のコンサート

大きなスクリーンに映し出された絵と朗読、それに合わせたピアノ演奏を行う「お話と絵でつづる冬の日のコンサート」を3会場で開催しました。

① 12月7日(土)午後2時~3時30分 東区プラザホール(定員300名)
② 12月22日(日)午後2時~3時30分 だいしホール(定員269名)
③ 12月25日(水)午後1時30分~3時 新潟県立図書館(定員180名)

演奏:石井玲子&斉藤美和子ピアノデュオ(本学子ども学科教員)
朗読:本学子ども学科学生
対象:3歳以上入場可・要予約(先着順)
主催:新潟県立大学
後援:新潟市

どの会場も満席の計750名の方にご来聴いただき、3公演ともに大盛況となりました。会場の定員を超える約2000名の参加お申込があり、1000名以上の方にお断りする結果となったため、今年度の追加公演を3月8日に村上市で行います。

※プログラム等の詳細はチラシ[PDFファイル 1.82MB]をご覧ください。

12月8日(日)

公開講座「新潟における食の風景」

平成25年度公開講座「新潟における食の風景」第3回フェルミエを開催しました。

日時:12月8日(日)午後1時30分~午後3時30分
会場:新潟県立大学 ぱれっと
講師:本多 孝氏
内容:国産ぶどう100%、自家醸造100%、自然を尊重し、手作りにこだわるワイン
主催:新潟県立大学
今年度第3回の公開講座には、フェルミエ代表の本多孝氏をお招きし、越前浜地域やワインについて、ご自身の経験を交えてお話いただきました。
当日は40名近い方にご来聴いただき、3種類の白・赤ワインを試飲(当日飲める方のみ)しながら活発な質疑応答が行われ大盛況のうちに終了となりました。

※プログラム、申込方法等の詳細はチラシ[PDFファイル 2.16MB]をご覧ください。

12月26日(木)

冬季休業

平成25年1月5日(日)まで

平成26年1月

平成26年2月

2月11日(火)

春季休業

平成25年3月31日(月)まで

平成26年3月

3月8日(土)

【追加公演】 第3回 お話と絵でつづる冬の日のコンサート

大きなスクリーンに映し出された絵と朗読、それに合わせたピアノ演奏を行う「お話と絵でつづる冬の日のコンサート」を開催します。

① 11:00開演(10:30開場・12:30終演) (定員各回200名)
② 13:30開演(13:00開場・15:00終演)

場所:村上市教育情報センター 視聴覚ホール
演奏:石井玲子&斉藤美和子ピアノデュオ(本学子ども学科教員)
朗読:村上市立保育園保育士3名
対象:3歳以上入場可・要予約(先着順)
主催:村上市教育委員会
共催:新潟県立大学


※プログラム等の詳細は村上市HPをご覧ください。

3月20日(木)

卒業式

ページの先頭へ