英語による学びへと導くアプローチ

本学では、グローバルな環境で英語が使える学生の育成を目標とし、英語教育プログラムACE(Academic Communicative English)を実施しています。

本学の英語教育についての学生の声をお聞きください。

※画像をクリックするとYouTubeへ移動します。

3年生
2年生
2年生

学生がこんな質問に答えます。

  • 県立大学での英語の勉強って、高校とは違うの?
  • どうやって県大で英語力をつけたの?
  • 新入生へのアドバイスは?
  • おすすめの勉強方法は?
  • 英語による授業って、どんな感じ?
  • 「英語力がついた!」って感じたのはどんなとき?
  • 留学での経験って、どんな感じ?
  • 新入生に一言どうぞ

入学時の学生の成績は様々ですが、以下のように画期的な成果を残しています。点数はTOEICのスコア、Lv.(レベル)はUNP English Testing Standardsのレベルです。

英語教育プログラムACE(Academic Communicative English)の特色

英語によるコミュニケーション力を伸ばすのはもちろんのこと、以下のような三本柱のもと、英語を使って学ぶ中で総合的な英語の力を伸ばします。

新潟県立大学の英語教育の三本柱

1カリキュラムを通じた学習

国際地域学部のACE科目には三つの科目群があります。*がついた科目は必修科目です。

Skills Classes(スキル・クラス)特定のスキルの伸長を図るクラスです。
*Oral Communication A、 English Grammar、Fundamental English A / B、English Pronunciation、Fundamental Speaking、Reading & Writing、Oral Communication B、Listening、Practical Writing、TOEFL English、TOEIC English、Effective Learning、Public Speaking、Debate、CALL English、Thesis Writing
Integrated Classes(総合クラス)総合的にスキルの伸長を図るクラスです。
*Core English I/II 、Academic Vocabulary、Academic Reading & Writing、Academic Speaking & Listening、Comprehensive Study Skills、Academic Writing、Intensive Reading、Creative Writing、Extensive Reading、Advanced Listening、J-E Translation、E-J Translation、Current English A/B、Business Communication A/B
Content Classes(内容クラス)英語を使って学ぶ中で英語力の伸長を図る内容言語統合(CLIL)クラスです。
*Lecture I/II、Radical Thinking、Critical Thinking、Project English A / B

学生はそれぞれの目標やニーズに応じて科目を選択します。

◎Study Pathways

学生一人一人の目標やニーズは異なりますが、以下のプランが参考になるかもしれません。

画像をクリックすると詳細画像が表示されます。
  Skills Classes Integrated Classes Content Classes
4年 Thesis Writing Comprehensive Study Skills Radical Thinking★▲
  Academic Writing★▲ Critical Thinking★▲
  Intensive Reading★▲ Project English A / B★▲
  Creative Writing  
2年以上 TOEFL English◆▲ Extensive Reading  
TOEIC English◆★ Advanced Listening  
Effective Learning J-E Translation  
Public Speaking E-J Translation  
Debate Current English A/B  
CALL English Business Communication A/B  
1年 English Grammar◆★ Academic Vocabulary★▲ Lecture I / II◆★▲
Fundamental English A / B Academic Reading & Writing★▲  
English Pronunciation◆★ Academic Speaking & Listening★▲  
Fundamental Speaking Core English I / II◆★▲  
Reading & Writing    
Oral Communication B    
Listening    
Practical Writing    
Oral Communication A◆★    

太字:必修科目

◆:Fundamental(英語の基礎がためのクラス)

★:English Focus(一般的な英語のスキルを伸長するクラス)

▲:Academic(英語で専門的な内容を学ぶための基礎クラス)

人間生活学部のACE科目にはSkills ClassesとIntegrated Classes、ESP(English for Specific Purposes 目的別英語)Classesが含まれています。

子ども学科・健康栄養学科のACE科目
  子ども学科 健康栄養学科 種類
1年 Core English I Core English I Integrated Classes
Core English II Core English II Integrated Classes
Reading & Writing I Reading & Writing I Skills Classes
Reading & Writing II Reading & Writing II Skills Classes
2年 Oral Communication I Oral Communication I Skills Classes
Oral Communication II Oral Communication II Skills Classes
3年 ESP (Child) ESP (Nutrition) ESP Classes

なお、子ども学科・健康栄養学科の学生は、国際地域学部のACE選択科目を自由科目として履修することができます。

2セルフアクセスセンター・CALL教室を利用した自律学習

◎自律学習や協同学習をサポートするセルフアクセスセンター
(Self Access Learning Center: SALC

  1. レベル別のリーディング教材やCD・DVDなどの視聴覚教材などを常備
    多読・多聴で英語力を伸長しよう
  2. 海外経験があり英語力のある専門職員が英語メンターとして常駐し、学習相談・留学相談を実施
  3. 英語やロシア語・中国語・韓国語など外国語を使う様々なイベントを企画実施
  4. ボランティアの学生メンターもSALC運営に参画

◎授業や自律学習の場としてのCALL教室(CALL:コンピュータ支援言語学習室)

  1. CALLを使った英語授業:海外ニュース・ドラマ・映画、発音矯正ソフトなど
  2. 課外学習に最適なe-learning教材、学習ポートフォリオ
    インターネットの利用環境があれば、どこからでもアクセス可能
    NetAcademy2、Web class、manaba folioなど

3海外研修、交換・派遣留学と学内ESL体験

海外研修 交換・派遣留学

  • ◎英語圏(カナダ・アメリカ)
  • ◎長期・中期の海外研修(カナダ・アメリカ)、海外実地研修(インドネシア)
  • ◎半年ないし1年の交換・派遣留学

◎学内ESL体験

ESL(第2言語としての英語)環境を学内に構築すべく、語学クラス以外の授業や課外活動・特別講義などで日常的に英語を使う機会を数多く設けています。

  • 英語で専門科目を学ぶEMS モジュール
  • 学内教員や特別講師が英語で話すSALC Lectures
  • 学生が海外研修や留学、学習方法などについて報告するStudent Presentations
  • 英語メンターが実施する英語学習講座English Workshops
  • 外国語を使って交流するおしゃべりサロン他

英語を使って学び交流する中で英語力がさらに高まります。

新潟県立大学国際地域学部の英語教育

ACEからCLIL、EMSへ

ACEプログラムには、日常生活の中で使う英語スキルを伸ばすこと(すなわち、英語を学ぶこと)を主眼とする一般英語プログラムに加え、英語で様々なトピックについて学ぶ学術英語プログラムがあります。

この学術英語プログラムは、内容(異文化理解や時事問題などのトピック)と言語(すなわち英語)の両方を同時に学ぶ内容言語統合型学習(Content and Language Integrated Learning:CLIL)を行う科目です。

国際地域学部では、ACE科目を基盤にして、CLILそして専門科目における英語による学び(English Medium Studies:EMS)へと学習をステップアップしていきます。

  英語学ぶ 英語学ぶ
1st Year 基礎的な英語力 英語の授業
学術英語 内容言語統合型学習(CLIL)
一般英語 海外実地研修、海外英語研修
2nd Year 学術英語 英語の授業
一般英語 内容言語統合型学習(CLIL)
  英語による教育(EMS)
  海外英語研修、交換・派遣留学
3rd Year 学術英語 英語の授業
一般英語 英語による教育(EMS)
  交換・派遣留学
4th year 学術英語 英語の授業
一般英語 英語による教育(EMS)
  英語による卒業研究

必修:9単位、選択:5単位以上

※中高英語の教職免許を取得しようとする学生は選択科目7単位以上です。

EMSモジュール:英語による専門的学習

国際地域学部では、多数設定されている英語で行われる専門科目を無理なく履修するための履修プランを二つ用意しています。「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へと進むための道しるべです。

iSEP(International Studies in Economics and Politics)国際政治経済分野
政治学・経済学・国際関係論・国際協力論などを英語で学びます。主に国際社会コースの科目です。
SAL(Studies in Applied Linguistics)応用言語学分野
応用言語学を英語で学びます。主に比較文化コースの科目です。
詳しくはパンフレット(PDFファイル)をご覧ください。

英語資格試験とUNP English Testing Standards

本学では英語資格試験の受験を奨励しています。1年次にはプレースメントテストとして、2年次以降は自分の英語力の把握と伸長が目的です。学内でCASECとTOEICのどちらかを隔月で受験できます。

以下のUNP English Testing Standardsを定め、学生は上のレベルを目指して英語学習をします。レベルを一つ上げると、一つの英語科目の成績に10点プラスすることができる制度を導入しています。また、レベルA、レベルSの学生は外国語成績優秀につき学長表彰を受けます。

ページの先頭へ