学術研究の取り組み

新潟県立大学は、大学の社会的使命である「研究」を通じて、研究活動の質・量の両面での活性化を図りながら、学術研究の高度化への寄与のみならず、教育の質の向上に努め、その成果を学内外に還元するよう取り組んでいます。

新潟県地域共同リポジトリ

新潟県立大学は、新潟県地域共同リポジトリ(NiRR)に 参加し、インターネットを通じて教員の研究成果を世界に発信しています。

新潟県立大学における研究費等の適正な運営・管理及び研究活動上の不正行為の防止について

新潟県立大学では、以下のとおり、文部科学省策定の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」に基づき、本学の「新潟県立大学研究費等の不正使用の防止に関する取扱規程」及び「新潟県立大学における研究活動上の不正行為に対する取扱規程」を改正し、研究費等の不正使用を防止し、適正な運営及び管理を行うとともに、研究活動上の不正行為を防止するための体制整備を行いました。

1. 文部科学省のガイドライン

2. 本学が定める方針・計画

本学が定める研究費等の不正使用防止及び研究活動の不正行為防止に係る規程・方針・計画・通知は以下のとおりです。

本学においては、以下の規程等に基づき適切な運営・管理及び研究活動がなされるよう取り組んでまいります。

[研究費等の不正使用防止]
[研究活動上の不正行為防止]

3. 組織体制・責任体制

本学では、研究費等の不正使用防止及び研究活動上の不正行為防止に向けて、それぞれ学長をトップとした組織体制・責任体制を構築し、適切に対応してまいります。

[研究費等の不正使用防止]
責任者 職名 主な役割
最高管理責任者 学長 不正防止対策の基本方針を策定し、大学全体を統括し、最終責任を負う。
統括管理責任者 副学長 研究費等の運営・管理について全体を統括するとともに不正防止対策の組織横断的な体制を統括し、具体的な対策を策定・実施する実質的な責任と権限を持つ。
コンプライアンス
推進責任者
学部長
研究科長
事務局長
担当する部局等の不正防止対策のためのコンプライアンス研修会の受講管理、公的研究費の執行管理等、運営・管理の実務面を担う。
[研究活動上の不正行為防止]
責任者 職名 主な役割
総括責任者 学長 研究倫理の向上及び不正行為の防止等に関し、本学全体を統括する権限と責任を有する。
部局責任者 学部長
研究科長
部局等における研究倫理の向上及び不正行為の防止等に関する責任者
研究倫理教育責任者 副学長 本学における研究倫理教育の実施に係る責任者

4. 研究費等の不正使用又は研究活動上の不正行為に係る通報・調査及び相談窓口

新潟県立大学事務局 総務財務部
事務局次長(総務財務部長)込山 敦

〒950-8680 新潟市東区海老ケ瀬471番地

TEL.025-270-1300

FAX.025-270-5173

E-mail:soudan☆unii.ac.jp(☆を@に変更してください)

[通報・相談に際して]

通報及び相談は、面談、書面、ファクシミリ及び電子メールで受け付けています。

通報は原則として実名により行ってください。やむを得ず匿名により通報する場合は当該通報内容を信ずるに足りる相当の理由、証拠等を可能なかぎり示してください。

科学研究費補助金

各教員の過年度の研究実績等については、「科学研究費補助金データベース」をご覧ください。

動物実験に関する情報

国際地域研究学会(AISRD)

「国際地域研究学会」(Association of International Studies and Regional Development [Niigata]) は、国際地域研究分野における相互の協力を促進し、あわせて地域社会の向上に寄与することを目的としています。新潟県立大学国際地域学部の教員を正会員としていますが、賛助会員・特別会員・学生会員の制度も設け、広く学界や地域に開かれた学会をめざしています。

詳しくは、国際地域研究学会サイトをご覧ください。

新潟人間生活学会

「新潟人間生活学会」は、人間生活学分野における相互の協力により研究推進し、あわせて地域社会の向上に寄与することを目的としています。

新潟県立大学人間生活学部の子ども学科と健康栄養学科教員を正会員としていますが、学外会員、学生会員も入会するなど、広く学界や地域に開かれた学会をめざしています。

ページの先頭へ