センター長 ごあいさつ

地域連携センター長
人間生活学部教授
田村 朝子

新潟県立大学では、大学の基本理念である「地域性の重視」を追求し、地域社会に開かれた大学として、さまざまな地域連携や産学官連携の総合窓口として地域連携センターを設置しています。

本学が行う地域連携センター活動は、学生と教職員が一体となって、大学がある新潟市東区をはじめとする市内や県内の方々、NPO、企業、行政、他大学などと積極的に交流し、「地域の安心安全を提供するための取組み」「地域社会・経済の活性化や産業の振興、雇用の創出に繋がる取組み」「豊かな人生を送るため生涯にわたって学習できる環境づくり」と多岐にわたると考えております。

また、地域にあるさまざまな思いや願い、課題・ニーズを的確に把握して地域社会の発展向上に貢献し、大学と地域が相互につながりあい、協働して取り組み解決していくことを通して、学生が地域から学び、それを広く社会に活かす力が育まれ、本学の教育研究活動のさらなる推進が図られるものと期待しています。

地域の皆様に本学を活用いただけるよう努力をしてまいる所存です。

どうぞよろしくお願いいたします。

目的

本センターでは、地域社会のさまざまな課題の発見と解決に向けて、本学の教育・研究機能を積極的に活用し、地域と連携して実践的・協働的に取り組み、地域貢献を果たしてまいります。また、社会人等の生涯学習ニーズに対応した学習の機会を提供します。

公開講座 実績

本年度開催の公開講座の情報は「行事予定」でご覧いただけます。

これまでに開催した公開講座の記録集は以下からご覧いただけます。

主な活動

公開講座
新潟市と包括連携協定
学生の地域活動

1. 生涯学習の推進…

小・中・高校生をはじめ一般社会人や専門職者等の多様な学習ニーズに応えて、小・中・高大連携授業や各種公開講座等の学習機会を提供し、地域と大学がともに学び向上することを目指します。

アレルギー大学を共催します。

食物アレルギーを体系的に学ぶアレルギー大学を共催します。詳細は以下のチラシをご覧ください。

2. 産官学連携の推進…

産業界・行政・他大学・NPO等と一緒に社会的課題に取り組む委託研究や共同研究を進めてまいります。

新潟市と包括連携協定を結んでいます。

平成21年7月3日新潟市役所にて、篠田昭市長と猪口孝学長(当時)が協定書に署名し、連携を進める分野について意見交換を行いました。

南相馬市と子どもの福祉・教育分野に関する連携協定を結んでいます。

平成27年3月7日南相馬市役所にて、桜井勝延市長(当時)と猪口孝学長(当時)が協定書に署名し、連携を進める分野について意見交換を行いました。

3. 調査研究等の推進…

今日的社会課題・地域課題の解決のための専門的調査研究、実験研究の実施、提供を行います。

教員の教育研究分野

教員の教育研究分野は、教員データベースをご覧ください。

4. 学生の社会参加の推進…

学生が地域活動に積極的に参加することを通して、視野の拡大を図り、地域貢献力を育みます。

なお、上記の各種活動は、国際地域、人間生活の両学部学科の持ち味を活かした内容で、本学に設置されたキャリア支援センターや国際交流センターとも連携・協力して実施することになります。

第3回地ラボミーティング

平成29年11月27日(月)、新潟日報メディアシップ6階ナレッジルームにおいて、新潟日報主催の「第3回地ラボミーティング」が実施されました。この「地ラボ」とは、『地域課題に取り組み、地域を元気にする活動(地域とのコラボ=地ラボ)を行う大学生を応援するプロジェクト』の総称で、「地ラボミーティング」は『新潟県全域を1年間にわたって紹介していく活動報告と意見交換』の場になります。

この日、新潟大学Gホームの学生たちは「阿賀町豊実・日出谷地区魅力発信プロジェクト」を発表し、本学関谷研究室のゼミ生たちは「新潟市中央区天明町空き家を活用した地域活性化」について成果発表をしました。本学の活動エリアになった天明町は、持ち家の20%が空き家になっている人口減少地域で、住民のおよそ半分が60歳以上という超高齢地域でもあります。さらに消防車が侵入できない道路や不足した消火設備、高齢化した消防団など防災的リスクを抱えています。

関谷研究室は平成28年7月、地域の課題を解決したい思いをもつ天明自治会から依頼をうけ、空き家の調査や空き家の削減にむけた提言をおこないました。その結果、課題を解決するための継続的な活動が求められ、平成29年5月、活動資金を得るためにエントリーした、新潟県主催のビジネスプランコンテスト「潟チャレ」で優勝、築52年の空き家をリノベーションした研究拠点「T-Base」を同年9月に開設しました。

地ラボミーティングの場で学生たちは、こうした拠点をつくるまでの調査と研究内容を紹介し、T-Baseと利用されてない地元公園をつなげて地域を活性化させる事業「天明マルシェ」の実証報告により、地域を持続させるために必要な要素(地域資源)の解明に努めました。

発表のあとは、一般参加者を交えたディスカッションと学生間での情報交換がおこなわれました。新潟大学独自の学生支援制度「ダブルホーム」に関する質問や、まちづくり活動を続けていくためのモチベーション、活動を周知させるための情報発信の方法などについて情報を共有し、この場を通じて学生たちは、活性化にむけたアプローチの異なる活動方法を学びあい、今後の活動にむけた知見と触発を得られたようでした。

5. 地域貢献推進事業…

平成29年度は6件の地域貢献活動推進事業が行われました。詳細は、以下の報告書をご覧ください。

平成29年度報告書 [PDFファイル 1.9MB] 

共同研究、地域活動等のお申し込み・お問い合わせ

本件のお申し込み・お問い合わせは、地域連携センター(電話025-368-8225)までお願いいたします。

なお、お申し込み様式等は下記をお使いください。

ページの先頭へ