ごあいさつ(学長から皆様へ)

21世紀に入り私たちを取り巻く社会や自然環境は予想もしないほど変化しています。グローバル化の進展と反グローバリズム・地域主義の台頭、国家間の紛争の多発、拡大する移民問題など国際情勢は極めて深刻です。ICTやAIに見られる急速な技術革新とサイバー空間の拡大、それに取り残されそうな社会、所得格差の拡大、高齢化・少子化、都市化と過疎化、地球規模での自然環境の悪化など複雑な現実に直面しています。こうした現実に向き合うには確かな知力・実践力・豊かな人間性が欠かせませんが、それらを養ううえで大学に大きな役割が期待されています。


新潟県立大学は、主役である学生たちを迎えるうえで「国際性の涵養」「地域性の重視」「人間性の涵養」を教育研究の基本理念とします。地球上の異なる国・地域の文化・社会・政治・経済を理解し、グローバル化する社会を一人ひとりが生き抜くための叡智を養うこと、自らが位置する地域の自然・文化・社会・人間生活を深く理解し、地域を支える力を養うこと、そして、一人ひとりの個性を伸ばし、お互いを尊重し合い、共に社会を支え合う豊かな人間性を伸ばすことは、変化し続ける時代を共に生き抜くうえで欠かせません。


学生たちは修学し、実践の場に出て行きます。それに備えて豊かな教養と実践力のある専門性を身につける教育を提供しなければなりません。変化する時代を乗り切る上で必要とされる人文社会科学分野の専門知識、グローバル社会を生き抜く高い語学力・コミュニケーション能力、保育や健康等の人間生活の基盤を支える専門能力などを修得するために、周到に準備した教育カリキュラムを用意します。そして新潟の平野、海、山に広がる恵まれた自然と社会に接しながら豊かな人間に成長することを支える学びの場を提供します。


新潟県立大学は開学以来、新潟県民の支援を受けて教育研究を行ってきました。今後はさらに、傑出する教育研究分野を誇り、東アジアにおける新潟の存在感を高め、貢献し、リードする知の拠点を目指します。国際地域学部、人間生活学部、大学院国際地域学研究科、外国語教育センター等の教育研究組織、学生支援組織、事務組織が一体となって、教育と学術研究の推進、地域社会への貢献に全力で取り組みます。

新潟県立大学学長 若杉 隆平

新潟県立大学学長 若杉 隆平

ページの先頭へ