平成30年4月

4月3日(火)

新入生オリエンテーション

4月4日(水)

新入生オリエンテーション

4月4日(水)

留学生オリエンテーションを開催しました

平成30年度から交換留学生として新潟県立大学で学ぶ13人の学生を対象に、オリエンテーションを開催しました。
日本での生活や大学での過ごし方等についての説明を聞いた後、実際に日本のごみの分別を体験しました。細かいごみの分別に苦労しながらも、意欲的に取り組んでいました。

留学生オリエンテーション
留学生オリエンテーション
4月5日(木)

新入生オリエンテーション・健康診断

4月5日(木)

若杉隆平学長が日本経済新聞に論文を寄稿

若杉隆平学長による論文が日本経済新聞「経済教室」(2018年4月5日)に掲載されました。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO28984880U8A400C1KE8000/

4月5日(木)

朝日新聞(新潟面)「にいがたの大学」特集で取り上げられました

朝日新聞(新潟面)2018年4月5日付の「にいがたの大学」特集(全3回の2回目)で本学が取り上げられました。その中で、学生の語学学習を支援する施設である「Self Access Learning Center (SALC=サルク)」の活動などが紹介されました。

SALCでは、「Mentor(メンター)と呼ばれる英語の堪能な職員が常駐しているほか、学生自身もStudent Assistant(ステューデント・アシスタント)として、他の学生の学びをサポートしています。
https://www.unii.ac.jp/international-center/salc.html

4月6日(金)

平成30年度新潟県立大学入学式を挙行しました

4月6日、新潟県立大学入学式(第10回)を朱鷺メッセにて挙行しました。今春は、273名の新入生を迎え入れました。
若杉隆平学長の式辞(全文)を掲載いたします。
                                        新入生は、入学の喜びと大学生活への期待を胸に、やや緊張した様子で、式典に臨みました。

日 時: 平成30年4月6日(金) 11:00~12:15
式 場: 朱鷺メッセ (2F スノーホール)
      (新潟市中央区万代島6-1)

入学式
入学式
4月9日(月)

前期授業開始

4月9日(月)

国際地域学部の浅羽教授のコメントが全国紙に掲載

国際地域学部の浅羽祐樹(あさばゆうき)教授が、「韓国の朴槿恵前大統領に対する一審判決」に関してラジオ番組に出演するとともに、新聞にコメントを寄せました。
TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」(2018年4月6日)(音声提供)
https://www.tbsradio.jp/239916


毎日新聞(2018年4月7日)
https://mainichi.jp/articles/20180407/ddm/007/070/117000c

4月10日(火)

国際地域学部の浅羽教授の授業内容が全国紙ウェブ版で紹介されました

国際地域学部の浅羽祐樹(あさばゆうき)教授が、朝日新聞「GLOBE」の「民主主義は嫌いですか?」特集において、「「推しメンを僕の票で」という刺激~AKB総選挙と民主主義」というインタビューに応じました。

http://globe.asahi.com/feature/side/2018040600002.html

4月10日(火)

留学生とサポーター学生との交流会を開催しました

新潟県立大学へ留学生が到着した際のアパートへの案内や役所での手続をはじめ、新潟での生活を支援するサポーター学生が活躍してくれています。この日は留学生とサポーター学生が集まり、ゲームで楽しく自己紹介をした後、数人ずつのグループでお昼を食べながら交流を深めました。


サポーター学生
サポーター学生
4月13日(金)

海外研修・留学説明会を開催しました

海外研修・留学説明会では、今年度の北米、ハワイ、東南アジア、ロシア、中国、韓国への語学・実地研修および交換・派遣留学に関する説明が、それぞれの担当教員から行われました。現地の写真や体験学生の話なども交えた内容で、300人以上の学生が集まりました。


留学説明会
4月17日(火)

国際地域学部の浅羽教授が日本記者クラブで講演しました

国際地域学部の浅羽祐樹(あさばゆうき)教授が、「「朝鮮半島の論理」をどう読み解くのか」について4月16日に日本記者クラブで講演しました。
全編、動画をご覧いただけます。

https://www.jnpc.or.jp/archive/conferences/35077/report

https://www.youtube.com/watch?v=pOkxrPbl7p0&feature=youtu.be

4月18日(水)

平成29年度外国語学習成績優秀者(学長特別賞)の表彰を行いました

平成29年度外国語学習成績優秀者表彰式が学長室で行われ、学長特別賞を受賞した学生に対し、若杉学長から賞状が手渡されました。


外国語学習成績優秀者表彰
4月25日(水)

JENESYS2017報告会を開催しました

日本とASEAN諸国との間で、青少年の交流事業を通して対日理解を深めることを目的とした外務省の対日理解促進交流プログラムであるJENESYS2017(ジェネシス2017)に、新潟県立大学から応募し採択された7人の学生が2018年3月6日から14日にかけてマレーシアを訪問し、現地の人々との交流の中で日本の素晴らしさを広報する役割を担いました。
4月25日、このJENESYS2017の学内報告会が開催されました。
2016年度に実施された、同じく外務省のプログラムであるKAKEHASHI Project (カケハシプロジェクト)の採択に続き、2年目の外務省主催プログラムの参加報告会とあって学内での関心が高く、今年度の募集に参加したい学生たちが多数参加しました。

facebookで現地での様子をご覧いただけます。https://facebook.com/unpjenesys2017

JENESYS2017
JENESYS2017

平成30年5月

5月10日(木)

政策研究センターの袴田教授が産経新聞にコラムを公表

政策研究センターの袴田茂樹(はかまだ・しげき)教授が、5月10日(木)付の産経新聞「正論」欄に、「シリアで示された米軍の抑制力」と題したコラムを寄稿しました。
産経新聞「正論」公式サイト

袴田茂樹教授の紹介
5月12日(土)

7期生による臨地実習合同報告会を開催しました

健康栄養学科では、5・6セメスターで臨地実習Ⅰ(学校・福祉施設・事業所)、臨地実習Ⅱ(病院)、臨地実習Ⅲ(保健所)を行っています。これらの実習は管理栄養士養成課程の集大成であり、各施設の管理栄養士の指導のもと、実践を通して専門的な知識や技術の習得を目的としています。5月12日(土)に開催された報告会では、学生が自ら考えたテーマ(「栄養管理」「栄養行政のPDCAサイクル」「チーム医療」など)について、実習で学んだことをまとめ、発表しました。当日は、健康栄養学科1~3年生に加え、実習でご指導いただいた管理栄養士の先生方にもご参加いただき、貴重なご意見・ご指導をいただきました。

7期生による臨地実習合同報告会を開催しました
7期生による臨地実習合同報告会を開催しました
5月19日(土)

体育祭

5月25日(金)

新潟市立木戸中学校2年生が総合的な学習の時間「新潟フィールドワーク」でNg, Ka Po教授の研究室を訪れました

5月25日、新潟市立木戸中学校の2年生10名が総合的な学習の時間「新潟フィールドワーク」で本学Ng, Ka Po教授の研究室を訪れました。
「留学生はどのくらいいますか」「文化の違いがある留学生への授業で戸惑うことはありますか」など、新潟県立大学の様子や大学教員の仕事内容について積極的に質問をし、真剣にメモを取っていました。
今回の訪問を地域や職業への理解に役立てていただけば幸いです。
Ng, Ka Po教授の紹介

木戸中学校
木戸中学校
5月26日(土)

堀川千嘉助教が日本糖尿病学会年次学術集会で医療スタッフ優秀演題賞を受賞

健康栄養学科の堀川千嘉(ほりかわ・ちか)助教が、5月24日(木)~26日(土)に行われた第61回日本糖尿病学会年次学術集会において、医療スタッフ優秀演題賞を受賞しました。(演題:「日本人2型糖尿病患者における、ビタミンB6摂取量と糖尿病網膜症発症との関係:JDCSによる報告」)
堀川助教は今年2月に第28回日本疫学会学術総会においても優秀演題賞を受賞しており、今後の活躍がますます期待されます。
堀川千嘉助教の紹介

日本糖尿病学会年次学術集会
5月29日(火)

平成30年度新潟県立大学後援会総会を開催しました

平成30年度新潟県立大学後援会総会を以下の通り開催しました。

日時:平成30年5月29日(火)16:30~18:00
場所:万代シルバーホテル 5F 万代東の間
内容:
1 会長あいさつ(中野進会長)
2 大学の最近の動向について(若杉隆平学長)
3 議事
  (1)平成29年度事業報告及び決算報告について
  (2)平成30年度役員の選出等について
  (3)平成30年度事業計画案及び予算案について
4 講演会(上村威講師)
   「習近平新体制と今後の日中関係」
担当:就職キャリア支援課 025-368-8225

今年度の後援会総会では、新潟県高等学校長協会会長の飯田昭男様、公益社団法人新潟県栄養士会会長の入山八江様、一般社団法人新潟県商工会議所連合会会頭の福田勝之様ほかの会員の方々にご出席いただき、今年度の事業計画等についてご承認をいただきました。お忙しい中、誠にありがとうございました。
今年度も後援会の皆様のお力添えのもと、学生、地域、大学それぞれにとって実りある事業に取り組んでまいりますので、引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

後援会総会
講演会総会
5月30日(水)

植木信一教授が第2回福島復興支援会内藤賞を受賞

5月30日(水)、子ども学科の植木信一(うえき・しんいち)教授が、第2回福島復興支援会内藤賞を受賞しました。
東京電力福島第1原発事故後、被災地に通い、放射性物質の影響を調査している新潟大学名誉教授の内藤真さんが創設した「内藤賞」は、復興につながる研究活動を助成しています。
今回の受賞は、これまで植木教授がかかわってきた被災地子ども支援に関する厚生労働省等の調査研究事業や、子ども支援プログラムの実施などが総合的に評価されたものです。
植木教授は今年度も継続して調査研究事業や子ども支援プログラムを進める予定です。
植木信一教授の紹介

内藤賞
5月31日(木)

大光銀行×新潟県立大学連携講座「地域に根ざす金融機関のすがた」

5月31日、大光銀行・新潟県立大学連携公開講座「地域に根ざす金融機関のすがた」の第1回目として、古出哲彦氏(大光銀行取締役頭取)による「地域金融機関を巡る環境の変化と取組み」講座が開催されました。
学生を中心とした70名近い受講者に向け、国内の金融機関を取り巻く環境の変化と、その状況を受けた地域金融機関の取組みについての講義があり、学生からの質問にも答えていただきました。

大光銀行
大光銀行
大光銀行
大光銀行連携講座チラシ[PDFファイル 207KB]

平成30年6月

6月3日(日)

江南区文化会館×新潟県立大学コンサートシリーズ2018 Vol.1「懐かしき歌・美しき日本の調べ」

江南区文化会館×新潟県立大学コンサートシリーズ2018 Vol.1として、6月3日(日)に「懐かしき歌・美しき日本の調べ」コンサートを開催しました。
満席の400名のお客様にお越しいただき、ありがとうございました。せっかくお越しいただいたにもかかわらず、満席の為にお帰りいただいたお客様、大変失礼いたしました。260名もの聴衆がアンケートに答えてくださり、「生きていて、こういうコンサートに出会えたことが嬉しい。」「昔懐かしい曲ばかりで、最初から最後まで感動で泣きっぱなしでした。」等の心温まるメッセージを沢山受け取りました。
大学と地域が連携して、音楽で地域を活性化することを目指して開催されているこのコンサートシリーズも今年で5年目となりました。本学では、引き続き、地域の皆さんが楽しめるコンサートを企画していきます。

コンサート
コンサート
コンサート
コンサート
6月11日(月)

国際地域学部の鈴木准教授のコメントが共同通信社の英文ニュースサイト等に掲載

G7(主要7か国首脳会議)に関して、国際地域学部の鈴木均(すずきひとし)准教授のコメントが共同通信社の英文ニュースサイト及びジャパンタイムズ(英字紙)に掲載されました

共同通信英字文ニュース
ジャパンタイムズ(英字紙)

6月18日(月)

ライフデザインセミナーを実施しました

(株)リクルートマーケティングパートナーズと新潟県少子化対策課および植木信一研究室の共同企画で、ライフデザインセミナーを実施しました。授業「相談援助演習Ⅰ」の一環として実施され、子ども学科2年生39名が受講しました。
リクルートが開発したオリジナル教材「妄想用婚姻届」を活用して、生活スタイルや価値観の多様性などについて学ぶことができました。
植木信一教授の紹介

ライフデザインセミナー
ライフデザインセミナー
6月21日(木)

大光銀行×新潟県立大学連携講座「地域に根ざす金融機関のすがた」

6月21日、大光銀行・新潟県立大学連携公開講座「地域に根ざす金融機関のすがた」の第2回目として、渡部滋氏(大光銀行地域産業支援部長)による「地域活性化の主役、中小企業を応援する取組み」講座が開催されました。
在学生を中心とした60名ほどの受講者に向け、中小企業への応援を金融機関としていかに取り組んでいるか、熱くご講義いただきました。最後に同部所属の新潟県立大学卒業生に、近況を話していただきました。

大光銀行
大光銀行
大光銀行連携講座チラシ[PDFファイル 207KB]

6月25日(月)

太平洋国立大学(ロシア)の副学長が来学されました

6月25日、新潟県立大学の協定校である太平洋国立大学(ロシア・ハバロフスク)のズーバレフ副学長が来学され、本学の若杉学長と、今後のさらなる関係発展について協議しました。

太平洋国立大学
太平洋国立大学
6月26日(火)

平成30年度第1回FD研修会を実施しました

6月26日、国際地域学部水上則子教授を講師として、FD研修会「Web Class(教育システム)に関する講習会」を開催しました。
FDとはFaculty Development(ファカルティ ディベロップメント)の略で、教員が授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取組の総称です。
今回の研修会では、出席確認や小テスト、アンケートのリアルタイム集計など様々なWeb Classの機能とその操作方法が紹介されました。Web Classは利便性が高く、アクティブ・ラーニングの視点からも有効なシステムと考えられ、今後の授業改善法を検討する良い機会となりました。

FD
6月26日(火)

ハワイ大学コミュニティ・カレッジの国際教育ディレクターが来学されました

6月26日、新潟県立大学の協定校であるハワイ大学コミュニティ・カレッジ(UHCC)国際教育ディレクターのDeborah Nakagawa氏が来学され、本学との交換留学制度に基づく留学準備等について協議し、また、本学学生を対象としてUHCCの7つのコミュニティカレッジについての紹介及び質疑応答セッションを開催しました。

ハワイ大学
ハワイ大学
6月27日(水)

平成29年度学長賞・成績優秀者表彰式を行いました

6月27日、平成29年度の1年間の成績が優秀な各学科の学生に対し、若杉学長から「学長賞」が授与されました。また、受賞者には保護者会から副賞が贈呈されました。

FD
6月29日(金)

教員向け公開授業を開催しました

6月29日に、教育の質向上のため、より充実した授業を追求することを目的に教員を対象とした公開授業が行われました。本公開授業は、新潟県立大学のFDを進めているFD委員会の取り組みの一環としておこなっているものです。
FDとはFaculty Development(ファカルティ ディベロップメント)の略で、教員が授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取組の総称です。

公開授業科目「Interactive Studies : Chinese Foreign Policy from IR Theoretical Perspectives」(1362教室)
担当教員:Stoeckel, Timothy R.准教授、上村 威講師

授業のテーマは、「Foreign Policy Analysis and Chinese foreign policy: case studies and discussions」でした。本授業は、国際地域学部の特徴的な履修プランである、専門科目を英語で学ぶEMSモジュールに属する科目のため、中国外交政策についてすべて授業が英語で実施されました。公開授業に参加した教員は、アクティブ・ラーニングを取り入れた教授法により、学生たちが英語を用いて活発なディスカッションを行う様子を見学することができました。

Stoeckel, Timothy R.准教授の紹介
上村 威講師の紹介

公開授業

平成30年7月

7月1日(日)

健康栄養学科の学生が新潟市ちょいしおプロジェクトに参加

新潟市が推進している、食塩のとりすぎを抑制することで健康寿命を延伸する取組みである「ちょいしおプロジェクト」に、健康栄養学科3年生のグループが参加しています。
学生が考案した「野菜deちょいしおメニュー」は市内の協賛店にて提供されます。
市報にいがた 平成30年7月1日

7月4日(水)

政策研究センターの袴田教授が産経新聞にコラムを公表

政策研究センターの袴田茂樹(はかまだ・しげき)教授が、7月4日(水)付の産経新聞「正論」欄に、「リアリズムで対北交渉を進めよ」と題したコラムを寄稿しました。
産経新聞「正論」公式サイト

袴田茂樹教授の紹介
7月5日(木)

大光銀行×新潟県立大学連携講座「地域に根ざす金融機関のすがた」


7月5日、大光銀行・新潟県立大学連携公開講座「地域に根ざす金融機関のすがた」の第3回目として、小林弘樹氏(大光銀行営業統括部付部長)による「個人の資産形成を応援する取組み」が開催されました。
新潟県立大学の在学生を中心とした60名ほどの受講者に向け、資産運用の状況や大学生が知っておくべき金融リテラシーについて、熱くご講義いただきました。

大光銀行
大光銀行連携講座チラシ[PDFファイル 207KB]

7月17日(火)

平成29年度新潟県立大学ベストティーチャー賞受賞者が決定しました。

本学では、「優れた授業を実践し学生から高く評価された教員」に対して、ベストティーチャー賞を授与しています。平成29年度末に実施した学生投票では、総投票数585票、投票率51.8%と多くの学生から投票がありました。その結果を基に、自己点検・評価委員会が国際地域学科から4名、子ども学科、健康栄養学科から各1名の教員を選出しました。
7月17日、ベストティーチャー賞受賞者表彰式が学長室で行われ、若杉学長から賞状が手渡されました。平成29年度の受賞者は以下の通りです。

国際地域学部
●国際地域学科
 ○Adamson, John Lindsay 教授(2回目)
  主な担当科目:Core English, Lecture, Discourse Analysis
  専門分野:Discourse Analysis
 ○小谷 一明 教授(初)
  主な担当科目:アメリカ表象文化論、環境文学・文化演習、Radical Thinking
  専門分野:アメリカ文学、環境文学
 ○荒木 和華子 講師(初)
  主な担当科目:歴史学、アメリカ社会文化史、Radical History
  専門分野:アメリカ史、人種・ジェンダー研究
 ○堀江 薫 教授(2回目)
  主な担当科目:憲法、国際法
  専門分野:法律学

人間生活学部
●子ども学科
 ○斉藤 美和子 教授(初)
  主な担当科目:保育内容(音楽表現Ⅰ・Ⅱ)、(総合表現)、ピアノⅠ~Ⅳ
  専門分野:音楽

●健康栄養学科
 ○田村 朝子 教授(2回目)
  主な担当科目:給食経営管理論Ⅰ(基礎)、Ⅱ(応用)
  専門分野:食生活学(高齢者と幼児の栄養管理)
 
*過去の受賞者一覧はここから閲覧できます。[PDFファイル 86.0KB]

平成29年度新潟県立大学ベストティーチャー賞受賞者が決定しました
7月22日(日)

BSN「週刊 県政ナビ」にて本学が取り上げられました

BSN(新潟放送)で放送されている「週刊 県政ナビ」にて、国際地域学部の在学生によるフィールドワークの様子が取り上げられました。(平成30年7月22日放送)

下記リンクより動画をご覧いただけます。(外部サイトへ移動)
https://www.youtube.com/watch?v=LI-dlKHlL_0&feature=youtu.be

7月24日(火)

国際地域学部の陳講師が新潟日報にコラムを公表

国際地域学科の陳柏宇講師が、7月21日(土)付の新潟日報「北東アジアを読む」欄に、「台中関係の行方 二重戦略で蔡政権苦境」と題したコラムを寄稿しました。
コラムは、新潟日報公式サイトでもご覧いただけます。
新潟日報公式サイト

陳 柏宇講師の紹介
7月29日(日)

子ども学科1~4年生がテレビ番組に出演

新潟市江南区と新潟県立大学の連携事業の一環として「夏休みファミリーコンサート~はる・なつ・あき・ふゆ とりもどせ!~」が7月29日、江南区文化会館で開催されました。毎年行ってきたこのコンサートも5年目となります。
本学子ども学科石井玲子准教授の指導のもと、子ども学科1~4年生の学生約90名が関わり、企画、演出、出演、舞台スタッフ等を担当して、学生たちの力でコンサートを作り上げました。

本コンサートはUX新潟テレビ21から3日間の密着取材を受け、本学での練習風景から、ホールでのリハーサル、本番の学生たちの様子が撮影されました。また、NCVケーブルテレビの取材も受け、第2公演(午後公演)が9月の毎週金曜日に放送されることになりました。
TV放送情報は以下の通りです(予定であり、変更の可能性があります)。

■8月10日(金)UX新潟テレビ21「ナマ+トク」(9:55~10:30)内の特集コーナー「トクおし!」で取り上げられます。
■※NCVケーブルテレビ加入者のみ
9月1日~9月30日の毎週(金)20:00~ NCVコミュニティチャンネル(地上デジタル11ch)にて、第2公演(午後公演)がそのまま放送されます。

8月10日放送予定のUXではコンサートの舞台袖の様子なども放映予定ですので、学生たちの素の姿、必死に頑張っている姿、涙する姿…を是非TVでご覧ください。

子ども学科
子ども学科
子ども学科
子ども学科
7月30日(月)

国際地域学部の浅羽教授がテレビ番組に出演

国際地域学部の浅羽祐樹(あさばゆうき)教授が、7月30日、BSフジ「プライムニュース」(20時~22時)に出演し、日韓関係について、西村康稔・内閣官房副長官や陳昌洙・世宗研究所日本研究センター長と議論しました。

その様子を動画(外部サイトにリンク)でご覧いただけます。

前篇
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d180730_0.html

後篇
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d180730_1.html


平成30年8月

8月4日(土)
  5日(日)

オープンキャンパス

8月4日・5日にオープンキャンパスを開催しました。2日間で約2,000人の高校生・保護者の方々に参加していただき、本学学生スタッフは新潟県立大学の魅力を熱心にPRしてくれました。猛暑の中、ご参加いただいた皆様に心より感謝申し上げます。


オープンキャンパス
オープンキャンパス
オープンキャンパス
オープンキャンパス
オープンキャンパス
オープンキャンパス
8月6日(月)

新潟県公立大学法人評価委員会による平成29事業年度業務実績に関する評価結果

新潟県公立大学法人評価委員会(県立大学部会)による公立大学法人新潟県立大学の平成29事業年度業務実績に関する評価結果がまとまり、知事に報告されました。

第2期中期計画期間の3年目となる平成29年度は、留学生受入数が48人、派遣数は211人と目標数のほぼ2倍となったこと等により、「地域貢献・国際化」に関する事項において「優れて順調」と評価され、全体として「中期計画の進捗は、『順調』である」との評価を受けました。
新潟県ホームページ

8月6日(月)

平成30年度サマーセミナーを開催しました。

8月6日~10日にかけて、新潟県立大学の学生・留学生に加えて、海外の協定大学(黒龍江大学、上海外国語大学、恒生管理学院、サイバー韓国外国語大学校、ボゴール農科大学、ハワイ大学コミュニティカレッジ)、国内の協定大学(横浜市立大学)、事業創造大学院大学、新潟国際情報大学の学生・留学生が新潟に集い、サマーセミナーを開催しました。
今年度のサマーセミナーでは、10の国・地域の学生40名が、「『食』を通じて新潟の魅力を世界に伝える」をテーマに、講義、フィールドトリップ(新潟市、阿賀野市、燕市、三条市)、グループワークを通して、地域の力を創造・再発見するための方策を検討し、提案しました。

サマーセミナー
サマーセミナー
サマーセミナー
サマーセミナー
8月7日(火)

夏季休業

9月27日(木)まで

8月20日(月)

政策研究センターの袴田教授が産経新聞にコラムを公表

政策研究センターの袴田茂樹(はかまだ・しげき)教授が、8月20日(月)付の産経新聞「正論」欄に、「わが生涯の教育と文化への疑念」と題したコラムを寄稿しました。
産経新聞「正論」公式サイト

袴田茂樹教授の紹介
8月26日(日)

「第5回キャンパスからの提言」で本学と新潟国際情報大学の学生グループが優秀賞を受賞しました

8月26日、新潟市・大学連携新潟協議会主催の「第5回キャンパスからの提言」で、本学と新潟国際情報大学の学生からなるグループ「就職頑張り隊」が優秀賞を受賞しました。
「理想の生活をおくることができる”新潟”とは!」というテーマに対し、理想の就職活動として、BBQ(バーベキュー)をしながら就職面接をしてはどうかとの提言を行いました。これにより、学生はリラックスして面接に臨むことができるだけでなく、企業としても学生のパーソナリティーがよくわかるので、双方にとってメリットになるという学生の視点からの大変ユニークなアイデアの発表でした。受賞おめでとうございました。

「第5回キャンパスからの提言」で本学と新潟国際情報大学の学生グループが優秀賞を受賞しました
「第5回キャンパスからの提言」で本学と新潟国際情報大学の学生グループが優秀賞を受賞しました

平成30年9月

9月18日(火)

政策研究センターの袴田教授が産経新聞にコラムを公表

政策研究センターの袴田茂樹(はかまだ・しげき)教授が、9月17日(月)付の産経新聞「正論」欄に、「ロシアに領土問題解決の意思はない」と題したコラムを寄稿しました。
産経新聞「正論」公式サイト

袴田茂樹教授の紹介
9月21日(金)

国際地域学部の櫛谷教授がコーディネーターとして参加した異文化相互理解セミナーが開催されました

9月21日に、燕市立燕中学校で行われた、燕ロータリークラブによる異文化相互理解セミナー「留学生と“お国自慢”~お互いの子ども文化を知ろう!」での留学生と中学生との交流の様子が、県央ドットコムに掲載されました。
コーディネーターの国際地域学部の櫛谷圭司(くしや・けいじ)教授による講演や、ファシリテーターとして参加した本学学生の様子が掲載されています。
県央ドットコム

櫛谷圭司教授の紹介
9月25日(火)

秋季卒業式

9月25日(火)

子ども学科の勝又准教授が共同編集した本が出版

この度、子ども学科の勝又准教授が、共同編集として携わった以下の本が出版されます。

『学校における自殺予防教育プログラム  GRIP ─グリップ─5時間の授業で支えあえるクラスをめざす』
■出版年月日 2018/9/25
■出版社 新曜社(https://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1596-3.htm)
■著者 川野健治・勝又陽太郎 編
■本書の紹介『GRIPは「いのちの大切さ」を教育する方法とは一線を画す、新しい自殺予防教育プログラムです。本書は豊富な図表とともに、プログラムの具体的な実施方法をていねいにわかりやすく解説した書籍です。書籍内で紹介しているワークシートや動画などの教材は、出版社のホームページからダウンロードして使用できるため、準備の負担が軽く、継続して取り組むことができます。』
■勝又准教授の紹介

9月25日(火)

平成30年度秋季修了式を挙行しました

9月25日、平成30年度秋季修了式が行われ、国際地域学研究科の修了生に学位記が授与されました。式典は、すべて英語により執り行われ、2年間研究指導に携わった教職員が和やかに修了生を送り出しました。

修了式
修了式
9月26日(水)

留学生オリエンテーションを開催しました

10月から交換留学生として新潟県立大学で学ぶ13人の学生を対象に、オリエンテーションを開催しました。
交換留学生に日本での生活や大学での過ごし方等についての説明をしました。

留学生オリエンテーション
留学生オリエンテーション

平成30年10月

10月1日(月)

「改正児童館ガイドライン」が厚生労働省から公表されました

子ども学科の植木信一(うえきしんいち)教授が「今後の地域の児童館等のあり方検討ワーキンググループ」座長となり検討してきた「改正児童館ガイドライン」が厚生労働省から公表されました。
植木教授は、「南相馬市子ども支援プログラム」をはじめ、多くの児童館や地域の子育て支援に深く携わっています。
厚生労働省ホームページ
植木信一教授の紹介

10月2日(火)

留学生とサポーター学生との交流会を開催しました

新潟県立大学へ留学生が到着した際のアパートへの案内や役所での手続をはじめ、新潟での生活を支援するサポーター学生が活躍しています。
この日は留学生とサポーター学生が集まり、ゲームで楽しく自己紹介をした後、数人ずつのグループでお昼を食べながら交流を深めました。

サポーター学生
サポーター学生
10月7日(日)

大形ふれあいウォークラリーに参加しました

10月7日に開催された「大形ふれあいウォークラリー」に本学留学生とサポーター学生24人が参加しました。
台風の影響でウォークラリーはできませんでしたが、大形小学校体育館で地域の方々との交流を深めました。

ウォークラリー
ウォークラリー
10月13日(土)

新潟県立大学保護者会第6回親睦会

下記のとおり、保護者会第6回親睦会を開催します。

日 時:平成30年10月13日(土)13時00分~15時00分
会 場:ホテルメルパルク長野 3階「飛翔」
参加費:無料
定 員:40名
申込締切:平成30年9月21日(金)(ただし、定員になり次第締切)
※定員を超えた場合のみご連絡します。連絡のない場合は、当日会場に直接お越しください。

参加希望の方は、案内チラシ裏面のFAX申込書に「参加会場」、「参加者氏名」、「参加人数」、「学生の氏名、学籍番号、学科、学年」をご記入の上、FAXにてお申込みいただくか、E-mail・お電話でお申込みください。(E-mail・お電話でお申込みの場合は、文面、お電話口にて必要事項をお知らせください。))

【申込み・問い合わせ先】
新潟県立大学保護者会 事務局
電話:025-270-1302(平日8:30~17:15) FAX:025-270-5173 
E-mail:unp☆unii.ac.jp(※送信の際には☆マークを@に変更してください)
※詳細は案内チラシ[PDFファイル2,927KB]をご覧ください。

10月27日(土)
  28日(日)

連花祭

10月27日(土)

平成30年度新潟県立大学保護者会総会及び第7回親睦会

下記のとおり、保護者会総会及び第7回親睦会を開催します。

日 時:平成30年10月27日(土)
    17時30分~18時00分[総会]
    18時00分~20時00分[親睦会]
会 場:万代シルバーホテル 5F「万代の間」
参加費:無料
定 員:100名
申込締切:平成30年9月21日(金)(ただし、定員になり次第締切)
※定員を超えた場合のみご連絡します。連絡のない場合は、当日会場に直接お越しください。

参加希望の方は、案内チラシ裏面のFAX申込書に「参加会場」、「参加者氏名」、「参加人数」、「学生の氏名、学籍番号、学科、学年」をご記入の上、FAXにてお申込みいただくか、E-mail・お電話でお申込みください。(E-mail・お電話でお申込みの場合は、文面、お電話口にて必要事項をお知らせください。)

【申込み・問い合わせ先】
新潟県立大学保護者会 事務局
電話:025-270-1302(平日8:30~17:15) FAX:025-270-5173 
E-mail:unp☆unii.ac.jp(※送信の際には☆マークを@に変更してください)
※詳細は案内チラシ[PDFファイル2,927KB]をご覧ください。

10月28日(日)

平成30年度新潟県立大学同窓会かざし会総会講演会

下記のとおり、平成30年度新潟県立大学同窓会かざし会総会講演会を開催します。
今年度は大学にて新潟県立大学学長が講演を行い、同窓会会員に限らず一般の皆様もご参加いただけます。

日 時:平成30年10月28日(日)午前10時50分~12時20分
会 場:新潟県立大学1号館A棟3階 1313講義室
講 演:「グローバル経済にチャレンジする人材をめざす
      ―県大は新たなステージへ―」
    新潟県立大学学長 若杉 隆平
参加費:無料
申込締切:平成30年10月19日(金)
※公共交通機関でお越しください。

事前にメールにてお申込みをお願いします。(かざし会総会に出席される方は申込み不要です。)
タイトルを「学長講演会参加」として「参加者氏名」及び「参加人数」をメール本文に記載の上、下記の申込先にお送り下さい。
なお、席に余裕がある場合には、当日の参加も可能です。

【申込み・問い合わせ先】
新潟県立大学就職キャリア支援課
電話:025-368-8225(平日8:30~17:15)
E-mail:syushoku☆unii.ac.jp(※送信の際には☆マークを@に変更してください)

10月29日(月)

豪日交流基金による有識者シンポジウムを開催します

豪日交流基金による第2回目の有識者シンポジウム「今日の国際情勢について」を開催します。

日  時:平成30年10月29日(月)
会  場:1313大講義室

セッション①:テーマ:アジア太平洋地域におけるダイナミックなセキュリティガバナンスを構築する試み
講演者:Professor Kai He (グリフィス大学)
時 間:13:00~14:30[講演(英語のみ)]

セッション②:テーマ:国家の変容が東南アジアにおける中国の開発金融をどう形作るのかを考察する
講演者:Prof. Shahar Hameiri(クイーンズランド大学)
時 間:14:45~16:15[講演(英語のみ)]

セッション③:討論会
時 間:16:30~18:00

参加費:無料 参加希望の方は、FAX、E-mailまたはお電話でお申し込みください。E-mail・お電話でお申し込みの場合は、文面、お電話口にて「参加者氏名」または「学生氏名、学籍番号、学科、学年」と「参加人数」をお知らせください。

申込・問い合わせ先:教務学生課 TEL:025-270-1302 FAX025-270-5173
E-mail:seiseki☆unii.ac.jp(※送信の際には☆マークを@に変更してください)
申込締切:平成30年10月26日(金)

詳細はこちら[PDFファイル 1.40MB]

平成30年11月

11月15日(木)

公開シンポジウム「グローバル市場で活躍し地域経済に貢献する中小企業:新潟の未来を切り拓く発展の芽とその担い手」

下記のとおり、公開シンポジウム「グローバル市場で活躍し地域経済に貢献する中小企業:新潟の未来を切り拓く発展の芽とその担い手」を開催します。

日 時:平成30年11月15日(木)午後1時30分~午後4時00分
会 場:新潟県立大学 4101大講義室
参加申込:参加希望の方は、案内チラシをご覧の上、お申し込みください。

【申込み・問い合わせ先】
新潟県立大学国際交流課
電話:025-368-8373 FAX:025-364-3610
E-mail:event☆unii.ac.jp(※送信の際には☆マークを@に変更してください)

※詳細は案内チラシ[PDFファイル 1.36MB]をご覧ください。

11月22日(木)

国際情勢講演会「朝鮮半島情勢の現状と展望:日本への影響、日本の役割」

講師に外務省アジア大洋州局北東アジア第二課朝鮮半島政策調整官の齋藤敦氏を迎え、国際情勢講演会「朝鮮半島情勢の現状と展望:日本への影響、日本の役割」を開催します(外務省共催)

日 時:平成30年11月22日(木)午後2時45分~午後4時15分
会 場:新潟県立大学 4101大講義室
参加申込:参加希望の方は、案内チラシをご覧の上、お申し込みください。

【申込み・問い合わせ先】
新潟県立大学国際交流課
電話:025-368-8373 FAX:025-364-3610
E-mail:event☆unii.ac.jp(※送信の際には☆マークを@に変更してください)

※詳細は案内チラシ[PDFファイル 1.57MB]をご覧ください。

平成30年12月

12月28日(金)

冬季休業

平成31年1月3日(木)まで

平成31年1月

平成31年2月

2月5日(火)

春季休業

平成31年3月31日(日)まで

2月12日(火)

「韓国語研修」(サイバー韓国外国語大学校との共催)

このたび新潟県立大学ではサイバー韓国外国語大学校との共催で「韓国語研修」を実施することになりました。この研修への参加者を募集します。

日程 :2月12日(火)~2月15日(金)午前9時00分~午後5時00分
場所 :新潟県立大学
    新潟市東区海老ケ瀬471番地
研修費用:無料。ただし全ての日程に参加することを条件とします。
申込締切:平成30年11月16日(金)
申込み:下記の申込書に必要事項を記入し、案内文記載の宛先に申し込んでください。
問合せ:TEL/FAX:025-270-7377
担当者:権 寧俊(クォン ヨンジュン)国際地域学部教授
※詳細の確認・申込みにはこちらの参加申込書をご利用ください。

平成31年3月

3月19日(火)

平成30年度卒業式・終了式

ページの先頭へ