教員情報詳細

曽根 英行
ソネ  ヒデユキ SONE Hideyuki

基本情報

学部・部署

人間生活学部/University of Niigata Prefecture, Faculty of Human Life Studies

学科

健康栄養学科/
Department of Health and Nutrition

職位

教授

学位・出身大学

博士(農学)・東北大学

略歴

年月 職歴
1995年3月 東北大学農学部食糧化学科 卒業
2000年3月 東北大学大学院農学研究科食糧化学専攻博士課程後期 修了(博士号取得)
2000年4月 東北大学遺伝子実験施設 リサーチ・アソシエイト
2002年4月 女子栄養大学 博士研究員(文部省ハイテク・リサーチセンター整備事業)
2004年4月 自治医科大学 博士研究員(日本学術振興会21世紀COEプログラム)
2006年4月 県立新潟女子短期大学生活科学科食物栄養専攻 講師
2009年4月 新潟県立大学人間生活学部 講師
2010年3月 米国テキサス大学サウスウェスタン医学センター Visiting Assist. Prof.(2010年9月まで)
2013年4月 新潟県立大学人間生活学部 准教授
2016年4月 新潟県立大学人間生活学部 教授

主たる担当科目

生化学Ⅰ(機能)

生化学Ⅱ(代謝)

生化学実験Ⅰ(基礎)

生化学実験Ⅱ(応用)

英語文献購読セミナー

人間生活学概論

地域協働演習

卒業研究

研究テーマ

主なテーマ

1. 2型糖尿病および肥満症の発症機序と食品成分による疾病予防・改善効果に関する研究

2. 雪中貯蔵農産物の解析と雪室ブランド開発に関する研究

3. 味噌成分の機能性(特にNa吸収抑制)に関する研究

 

主な内容

1. 2型糖尿病および肥満症の発症機序と食品成分による疾病予防・改善効果に関する研究

 〇ビオチンによるインスリン分泌修飾・摂食調整機構と2型糖尿病・肥満症改善に関する研究

 〇味噌および緑茶成分による摂食調節に関する研究

 〇味噌有効成分によるNa+吸収抑制に関する研究

 〇コレステロール代謝とグルコース代謝におけるリポプロテイン受容体の役割に関する研究

 〇膵β細胞の老化を介した2型糖尿病の発症に関する研究 

 〇グレリンによるインスリン分泌制御機構に関する研究

 

2. 雪中貯蔵農産物の解析と雪室ブランド開発に関する研究

 〇雪さらしによる赤色唐辛子の食味向上と機能性変化に関する研究

 〇雪室熟成による食品の機能性及び香気成分変化とその機序に関する研究

主な研究業績

著書・論文

著書・翻訳
1.「ジョスリン糖尿病学」 2007年3月 (第二版) メディカル・サイエンス・インターナショナル(分担執筆・翻訳)
2.「糖尿病学2008」 2008年5月 診断と治療社(分担執筆)
3.「生物学 -ヒトと環境の生命科学-」 2009年9月 (初版) 建帛社(分担執筆)
4.「ビタミン総合事典」2010年11月 (初版) 朝倉書店(分担執筆)
5.「基礎栄養学」2012年9月 (初版) アイ・ケイコーポレーション(分担執筆)
6.「最新栄養学」2014年5月 (第10版) 建帛社(分担翻訳)
7.「Nブックス 生化学の基礎」2020年3月 (初版) 建帛社(編著)

 

主な原著論文・総説
1. Sone H, Ito M, Sugiyama K, Ohneda M, Maebashi M, and Furukawa Y
Biotin enhances glucose-stimulated insulin secretion in the isolated perfused pancreas of the rat.
J Nutr Biochem 10 (1999) 237-243
 
2. 曽根英行: ビオチンによるインスリン分泌の増強効果
 ビタミン73 (1999) 735-737
 
3. Sone H, Ito M, Shimizu M, Sasaki Y, Komai M, and Furukawa Y
Characteristics of biotin enhancement of glucose-induced insulin release in pancreatic islets of the rat.
Biosci Biotechnol Biochem 64 (2000) 550-554
 
4. Cho YY, Kang JM, Sone H, Suzuki T, Abe M, Igarashi M, Tokunaga T, Ogawa S, Takei AY, Miyazawa T, Sasano H, Fujino T, and Yamamoto TT
Abnormal uterus with polycysts, accumulation of uterine prostaglandins, and reduced fertility in mice heterozygous for acyl-CoA synthetase 4 deficiency.
Biochem Biophys Res Commun 284 (2001) 993-997
 
5. Fujino T, Takei AY, Sone H, Ioka XR, Kamataki A, Magoori K, Takahashi S, Sakai J, and Yamamoto TT
Molecular identification and characterization of two medium-chain acyl-CoA synthetases, MACS1 and the Sa gene product.
J Biol Chem 276 (2001) 35961-35966
 
6. Fujino T, Asaba H, Kang JM, Ikeda Y, Sone H(共筆頭), Takada S, Kim HD, Ioka XR, Ono M, Tomoyori H, Okubo M, Murase T, Kamataki A, Yamamoto J, Magoori K, Takahashi S, Miyamoto Y, Oishi H, Nose M, Okazaki M, Usui S, Imaizumi K, Yanagisawa M, Sakai J, and Yamamoto TT
Low-density lipoprotein receptor-related protein 5 (LRP5) is essential for normal cholesterol metabolism and glucose-induced insulin secretion.
Proc Natl Acad Sci USA 100 (2003) 229-234
 
7. Sone H, Sasaki Y, Komai M, Toyomizu M, Kagawa Y, and Furukawa Y
Biotin enhances ATP synthesis in pancreatic islets of the rat, resulting in reinforcement of glucose-induced insulin secretion.
Biochem Biophys Res Commun 314 (2004) 824-829
 
8. Sone H and Kagawa Y
Pancreatic beta-cell senescence contributes to the pathogenesis of type 2 diabetes in high-fat diet-induced diabetic mice.
Diabetologia 48 (2005) 58-67
 
9. Dezaki K, Sone H, Koizumi M, Nakata M, Kakei M, Nagai H, Hosoda H, Kangawa K, Yada T
Blockade of pancreatic islet-derived ghrelin enhances insulin secretion to prevent high-fat diet-induced glucose intolerance.
Diabetes 55 (2006) 3486-3493
 
10. 小山田恵美, 曽根英行、平岡真美, 宮西邦夫, 渡邊敏明, 安田和人
マイクロバイオアッセイによるビオチン定量法の確立とビオチンの体内動態について
Trace Nutrients Research 24 (2007) 157-162
 
11. 曽根英行, 渡邊敏明, 古川勇次
ビオチンによるインスリン分泌修飾に関する研究
Trace Nutrients Research 24 (2007) 163-170
 
12. 石原和夫, 曽根英行, 佐藤綾乃
味噌汁中の香気成分の過熱に伴う変化 
県立新潟女子短期大学紀要 45 (2008) 9-18 (査読なし)
 
13. Kohno D, Sone H, Minokoshi Y, Yada T
Ghrelin raises [Ca2+]i via AMPK in hypothalamic arcuate nucleus NPY neurons.
Biochem Biophys Res Commun 366 (2008) 388-392
 
14. Yada T, Dezaki K, Sone H, Koizumi M, Damdindorj B, Nakata M, Kakei M
Ghrelin regulates insulin release and glycemia: physiological role and therapeutic potential.
Curr Diabetes Rev 4 (2008) 18-23
 
15. Dezaki K, Sone H, Yada T
Ghrelin is a physiological regulator of insulin release in pancreatic islets and glucose homeostasis.
Pharmacol Ther 118 (2008) 239-249
 
16. Suzuki H, Sone H(共筆頭), Kawamura K, Ishihara K
Liver injury due to 3-amino-1methyl-5H-pyrido [4,3-b] indol (Trp-P-2) and its prevention by Miso.
Biosci Biotechnol Biochem 72 (2008) 2236-2238
 
17. 曽根英行、安部恵、樋口睦、守木葵、小山田絵美、渡邊敏明、宮西邦夫
食品中ビオチン含量の地域差と栽培環境因子による変動
Trace Nutrients Research 26 (2009) 54-58
 
18. 曽根英行、守木葵、神山伸
栽培環境因子の違いがビオチン生合成に及ぼす影響について
人間生活学研究 第2号 (2011) 93-97
 
19. 曽根英行、守木葵、神山伸
野菜中ビオチン含量の地域差および季節変動について 
人間生活学研究 第2号 (2011) 87-92
 
20. Kohno D, Sone H, Tanaka S, Yada T
AMP-activated protein kinase activates neuropeptide Y neurons in the arcuate nucleus in the rat hypothalamus to increase food intake.
Neurosci Lett 25 (2011) 194-198
 
21. Dezaki K, Boldbaatar D, Sone H, ・・・, Yada T
Ghrelin attenuates cAMP-PKA signaling to evoke insulinostatic cascade in islet beta cells.
Diabetes (2011) 2315-2324
 
22. 曽根英行、神山伸、守木葵
緑色野菜中ビオチン含量の季節変動について
Trace Nutrients Research 28 (2011) 70-73
 
23. Sasaki Y, Sone H(共筆頭), Kamiyama S, Shimizu M, Shirakawa H, Kagawa Y, Komai M, and Furukawa Y
Administration of biotin abates insulin resistance in skeletal muscles of Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rat.
Foods and Functions (2012) 414-419
 
24. 曽根英行、神山伸
アルギニン応答性インスリン分泌機構におけるビオチンの作用部位について
Trace Nutrients Research 29 (2012) 58-61
 
25. 石黒真理子、滝澤麻紀、藤野佳穂、大貫里沙、後藤由里香、久保静香、神山伸、曽根英行
エピガロカテキンガレート(EGCG)による摂食抑制に関する研究
Trace Nutrients Research 30 (2013) 35-40
 
26. 神山伸、曽根英行、勝沼芽依、小林和也、渡辺聡
雪さらしによる赤色唐辛子の成分と機能性の変化
人間生活学研究 第5号 (2014) 1-7
 
27. 曽根英行、押味真里菜、伊藤美咲、石黒真理子、辻友美、小林和也、渡辺聡、神山伸
雪室貯蔵によるコーヒー豆の香気成分の変化について(雪室を再現したモデル実験による検討)
Trace Nutrients Research 31 (2014) 12-16
 
28. Kohno D, Lee S, Harper MJ, Kim KW, Sone H, Sasaki T, Kitamura T, Fan G, Elmquist JK
Dnmt3a in Sim1 neurons is necessary for normal energy homeostasis.
J Neurosci 34 (2014) 15288-15296
 
29. 神山伸、伊藤美咲、押味真里菜、瀧口真子、櫛原詩野、石黒真理子、小林和也、下條明、渡辺聡、曽根英行
ソバの貯蔵における雪室利用の有効性について
人間生活学研究 第6号 (2015) 83-92
 
30. Kamiyama S, Ohnuki R, Moriki A, Abe M, Ishiguro M, Sone H
The effects of light and temperature on biotin synthesis in pea sprouts.
J Nutr Sci Vitaminol 62 (2016) 19-25
 
31. Sone H, Kamiyama S, Higuchi M, Fujino K, Kubo S, Miyazawa M, Shirato S,  Shiozawa K
Biotin augments acetyl CoA carboxylase 2 gene expression in the hypothalamus, leading to the suppression of food intake in mice.
Biochem Biophys Res Commun  476 (2016) 134-139
 
32. 神山伸、櫛原詩野、本間千裕、萩原真、曽根英行
雪室貯蔵が小麦粉の品質と製パン性に与える影響
日本食品工学会誌 18 (2017) 19-24
 
33. 神山伸、上浦桜民、甘利礼奈、酒井史彰、曽根英行
雪下京くれない人参と雪下はまべに五寸人参の食味及び成分、抗酸化性の比較
Trace Nutrients Research 35 (2018) 58-65
 
 
Google Scholar Citations: Hideyuki Sone
Researchmap: 曽根 英行

講座・講演

平成23年10月 新潟県立大学健康栄養学科 学術講演会 講演

   「ビオチンの概要と最近の動向―糖尿病に対する薬理作用と遺伝子発現調節―」

平成24年7月 公益財団法人雪だるま財団・東京農業大学 第7回雪の市民会議 in TOKYO 講演

   「雪室における珈琲の成分変化について」

平成25年8月 東北大学大学院農学研究科 栄養学セミナー 講演

   「グレリンによる膵島内分泌調節」

平成26年10, 11月 日本栄養士会「生涯教育研修会」 講演 (新潟市、長岡市、上越市)

   「栄養素の消化と吸収(代謝)」

平成27年4, 5, 6月 新潟県臨床栄養研究会 講演

   「消化器系の働き(消化管・消化腺)について」

   「三大栄養素の消化と吸収経路について」

   「糖質と脂質の代謝について」

平成28年4月 新潟県臨床栄養研究会 講演

   「糖質の消化・吸収・代謝」

平成29年3月 新潟県産業労働観光部産業振興課 主催セミナー 講演、パネリスト

   「雪を活用した食の高付加価値化セミナー」 

令和元年11月 日本ビタミン学会市民公開講座 講演

   「ビタミンの力でスマート・エイジング」ビオチンによる糖尿病・肥満症・高血圧の予防

所属学会

日本ビタミン学会、日本栄養・食糧学会、日本微量栄養素学会

自由記載

・新潟県みそ・しょうゆ品評会副審査委員長  越後味噌・佐渡味噌は、全国味噌鑑評会で数々の受賞歴を誇り全国的にも高い評価を受ける新潟の隠れた銘産品です。味噌(味噌汁)の消費拡大は、その相性から米の消費量を増加させ、食糧自給率の向上に大きく寄与すると推察されます。味噌の研究を通じ、健康づくりと食料自給率問題に貢献できればと考えております。

・雪中貯蔵に関する緩やかなガイドラインづくり検討委員  雪を利用した農産物の貯蔵は、品質の保持のみならず食味を向上させると言われ、新潟では古くから実践されています。現在、雪中貯蔵食品の食味向上の数値的検証と新たな機能性の探索を目指し、雪さらし・雪室貯蔵に関する研究に取り組んでおります。

講座・講演キーワード

栄養(生理学・生化学)、ビタミン、2型糖尿病、雪中貯蔵、味噌の機能性

一言メッセージ

食品の食味向上と機能性変化について県内企業や関連団体と連携しながら、その成果を地域還元できればと考えております。

ホームページ