カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

1 国際地域学部

国際地域学部のカリキュラムは、国際性の涵養、地域性の重視、人間性の涵養という新潟県立大学の理念に基づいて設定された基盤科目と、学部・学科の目的に基づいて設定された展開科目及び卒業研究からなっています。


1.高い語学活用能力を育む外国語科目・海外研修科目
高い語学活用能力を育むため、基盤科目の外国語科目群に、グローバルな環境で英語が使える学生の育成を目標とする英語教育プログラム「ACE(Academic Communicative English)」、ロシア語・中国語・韓国語を導入し教養的に学ぶ「東アジアの言語」、海外英語研修や海外実地研修を含む「海外研修」の科目群を配置し、展開科目の東アジアコース科目にロシア語・中国語・韓国語を集中的に学ぶための外国語科目と研修科目を配置します。
2.グローバルな視野と豊かな教養を身に付ける基盤科目
基盤科目には、「外国語」科目群のほかに、アカデミック・リテラシー、情報リテラシーや体育などからなる「基本技能」、現代人に必要な豊かな教養を身につける「現代教養」の科目群からなっています。「現代教養」は「国際学」「新潟学」「歴史と文化」「人間社会と科学」の科目群からなり、グローバルな視野を持って新潟の課題を考え、人間や社会・科学について理解を深め、主体的に行動できる資質・能力を培います。
3.学問的基盤と学際的視野を持ち国際貢献・地域貢献ができる人材を育む展開科目
展開科目は学部共通の科目とコース科目からなっています。学部共通の科目は、国際地域学部の共通のベースをつくり、人文・社会・自然科学の諸分野にわたる各コースへのつなぎとなる科目で、「導入科目」「共通基幹科目」「特殊講義」「フィールドワーク」があります。1年終了時に2年次から所属するコースを一つ選択します。2年次以降は学部共通に学んだ基礎の上に、以下のそれぞれのコースの教育目標に沿って専門的科目を学修します。
  • 国際社会コース:政治・経済の視点から現代社会が直面する諸課題を検討し、国際社会の平和と発展のために貢献できる人材を育成します。
  • 比較文化コース:文化・言語の面から地域の国際化や国際交流に貢献できる人材を育成します。
  • 東アジアコース:新潟県と交流の深いロシア、中国、韓国との国際交流の中核となる人材を育成します。
  • 地域環境コース:地域の生活とまちづくり、環境問題について学修し、地域の再生に寄与する人材を育成します。
最後に、本学科での学修・研究成果のまとめとして卒業研究を行います。さらに、「国際」と「地域」に関わる専門的学修を基礎に、中等教育の教員として十分な知識・技能と高い語学能力をもつ教員を育てるため、中学校・高等学校教諭(英語)一種免許状を取得できる科目を設置します。

●国際地域学科

国際地域学部のディプロマ・ポリシーで設定した身につけるべき4つの「知・力」を獲得できるように、下記の方針によってカリキュラムを設定します。

<知識・理解>
  1. 基盤科目に文化、社会、または自然に関する幅広い分野の科目を配置する。
  2. 新潟学に新潟県の特徴に関する幅広い分野の科目を配置する。
  3. ①展開科目に国際地域学を学修するための基礎となる学部共通の科目を配置する。
    ②展開科目にコースごとの教育目標に沿って学修する専門的科目をコース科目として配置する。

<基本的技能・態度>
  1. 基盤科目に、文学や芸術、体育、社会貢献活動、異文化交流などについて体験・学習できる科目を配置する。
  2. ①基盤科目と展開科目にグループや集団で課題解決に取り組む科目を配置する。
    ②基盤科目と展開科目に学外で社会の一員として行動する海外研修やフィールドワークなどの実習科目を配置する。
  3. 基盤科目に情報収集や分析の基礎となる科目を選択できるように配置し、展開科目に国際地域学に関連する学術的・実践的課題の解決に必要な知識や情報を収集・整理・分析するための演習や実習を含む科目を配置する。

<コミュニケーション能力>
  1. 基盤科目に情報の収集・整理・分析・発信に必要な基本的技能を習得できる科目を選択できるように配置し、展開科目に学修の成果をスライドや資料、レポート、論文などにまとめて発表する科目を配置する。
  2. 基盤科目と展開科目に、スライドや資料、レポート、論文などの内容をディスカッションし、学修の成果や理解を互いにブラッシュアップする科目を配置する。
  3. 基盤科目と展開科目に外国語科目を配置し、展開科目に英語で国際地域学について専門的に学ぶ科目を配置する。

<総合的活用力>
国際地域学に関連する知識や理解、基本的技能、コミュニケーション能力を総合的に活用して研究が行える。

2 人間生活学部

人間生活学部は、グローバル化の進む地域の中で、「育」と「食」を中心に、持続的な地域社会の発展と共生社会の実現に貢献できる人材を育成することを目指します。そのため、人間生活学部のカリキュラムは、国際性の涵養、地域性の重視、人間性の涵養という新潟県立大学の理念に基づいて設置された基盤科目と、学部・学科の目的に基づいて編成された展開科目及び卒業研究からなっています。展開科目は、学部共通科目と各学科の専門科目から編成されています。

1.グローバルな視野と豊かな教養を身につける基盤科目
基盤科目は、国際共通語である英語の活用能力を身につける「外国語」、情報リテラシーや体育などからなる「基本技能」、現代人として必要な豊かな教養を身につける「現代教養」からなっています。「外国語」の中には海外英語研修や海外実地研修も用意されています。「現代教養」は、「新潟学」「国際学」「人間社会理解」の科目群からなり、グローバルな視野を持って新潟の課題を考え、人間や社会についての理解を深め、主体的に行動できる資質・能力を培います。
2.学部が目指す人間として必要な基本的知識を学ぶ学部共通科目
学部共通科目では、人間生活学概論をはじめ、豊かなヒューマンライフを創造するための基本を学びます。同時に、人間の心理、生活と福祉、食や健康などに関する科目を学ぶことによって、学部が目指す人間としての基本的知識を身につけます。子ども学科の学生は健康栄養科目群から学ぶことによって、食生活や健康などについて基本的知識を持つ子ども・家庭・地域支援のスペシャリスト育成を目指します。健康栄養学科の学生は子ども科目群から学ぶことによって、教育・保育・福祉について基本的知識を身につけた栄養学の専門家の養成を目指します。
3.各学科の理念や目的に基づいて設置された専門科目
各学科の専門科目は免許・資格の取得を十分考慮し、それぞれの学科のディプロマ・ポリシーに基づいて設置されています。「育」をキーワードとする子ども学科では、幼稚園教諭の免許、保育士の資格、社会福祉士の資格の取得を可能とする科目を設置します。「食」をキーワードとする健康栄養学科では、管理栄養士の資格を取得するための科目を必修とし、さらに栄養教諭一種免許状を取得できる科目を設置します。

●子ども学科

子ども・家庭・地域を取り巻く「垣根のない課題」に対応できるよう、『対人支援』に関する専門分野・科目を体系的に配置し、専門的知識の修得と探究を目指します。『対人支援』という枠組みでの学問の体系化を図り、学術的知識に基づいてこれらの課題に取り組むことによって、子どもを育み、人や地域を支える「スペシャリスト」の育成を図ります。学科のディプロマ・ポリシーに則ったカリキュラム・ポリシーを以下に示し、また設置科目において修得が望まれる「知・力」を明記します。

<知識・理解>
  1. 基盤科目に文化、社会、または自然に関する幅広い分野の科目を配置する。
  2. 新潟学に新潟県の特徴に関する幅広い分野の科目を配置する。
  3. ①展開科目に「人間生活」全般を学修するための基礎となる学部共通の科目を配置する。
    ②展開科目・教育・保育・福祉を学修するための専門的知識を得る科目を配置する。

<基本的技能・態度>
  1. 基盤科目に、文学や芸術、体育、社会貢献活動、異文化交流などについて体験・学習できる科目を配置する。
  2. ①展開科目にグループや集団で課題解決に取り組む科目を配置する。
    ②基盤科目と展開科目に学外で社会の一員として行動する実習科目を配置する。
  3. 基盤科目に情報収集・整理の基礎となる科目を選択できるように配置し、展開科目に教育・保育・福祉に関連する学術的・実践的課題の解決に必要な知識や情報を収集・整理・活用するための演習や実験・実習を含む科目を配置する。

<コミュニケーション能力>
  1. 基盤科目には情報発信に必要な基本的技能を修得する科目を選択できるように配置し、展開科目に演習・実習の過程や結果をスライドや資料、レポート、論文などにまとめて発表する科目を配置する。
  2. 展開科目に、スライドや資料、レポート、論文などの内容について発表された内容をディスカッションし、成果や理解を互いにブラッシュアップする科目を配置する。
  3. 基盤科目に外国語の科目を配置し、展開科目に英語で教育・保育・福祉に関する情報収集やコミュニケーションを行う科目を配置する。

<総合的活用力>
教育・保育・福祉に関連する知識や理解、基本的技能・態度、コミュニケーション能力を総合的に活用して研究を行い、発表・討論する科目として、卒業研究を配置する。

●健康栄養学科

健康栄養学科では、深い人間理解と生活関連分野を含む幅広い教養に基づき、栄養・食環境をめぐる国際化・高度化・複雑化する現状と社会的ニーズに適切に対応できる総合的な「食」の専門家を養成することを基本理念とします。具体的にはディプロマ・ポリシーで設定した身につけるべき4つの知・力を獲得できるように、下記の方針によってカリキュラムを設定します。なお、管理栄養士養成課程として必要な科目は全て必須として配置します。

<知識・理解>
  1. 基盤科目に文化、社会、または自然に関する幅広い分野の科目を配置する。
  2. 新潟学に新潟県の特徴に関する幅広い分野の科目を配置する。
  3. ①展開科目に「人間生活」全般を学修するための基礎となる学部共通の科目を配置する。
    ②展開科目・専門基礎分野に、栄養学を学修するための基礎知識を得る科目を配置する。
    ③展開科目・専門分野に、栄養学や給食経営管理学に関する専門的知識を得る科目を配置する。

<基本的技能・態度>
  1. 基盤科目に、文学や芸術、体育、社会貢献活動、異文化交流などについて体験・学習できる科目を配置する。
  2. 基盤科目と展開科目に学外で社会の一員として行動する実習科目を配置し、展開科目にグループや集団で課題解決に取り組む科目を配置する。
  3. ①基盤科目に情報収集や分析の基礎となる科目を選択できるように配置し、展開科目に栄養学に関連する学術的・実践的課題の解決に必要な知識や情報を収集・整理・分析するための演習や実験・実習を含む科目を配置する。
    ②展開科目に、実験や研究、実践活動に必要な技術を修得する科目を配置する。

<コミュニケーション能力>
  1. 基盤科目には情報発信に必要な基本的技能を修得する科目を選択できるように配置し、展開科目に演習・実験・実習の過程や結果をスライドや資料、レポート、論文などにまとめて発表する科目を配置する。
  2. 展開科目に、スライドや資料、レポート、論文などの内容について発表された内容をディスカッションし、成果や理解を互いにブラッシュアップする科目を配置する。
  3. 基盤科目に外国語の科目を配置し、展開科目に英語で栄養学に関する情報収集やコミュニケーションを行う科目を配置する。

<総合的活用力>
展開科目に、栄養学に関連する知識や理解、基本的技能・態度、コミュニケーション能力を総合的に活用する科目を配置するとともに、研究を行って発表・討論する科目として卒業研究を配置する。

ページの先頭へ