アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

1 国際地域学部

●国際地域学科

(1)教育内容・特色

国際地域学部では英語を中心とした語学活用能力の習得と政治・経済・文化・地域づくりに関わる学修をとおして、「国際と地域」の諸課題に対応できる人材を育成します。学生は2年次から国際社会・比較文化・東アジア・地域環境の4コースに分かれて専門科目を学修します。最終学年では、学修の集大成として、「卒業研究」を必修科目として置いています。学生は教員指導のもと、一人ひとりが課題を見つけ、研究し、研究成果を学内で公開発表します。英語においては、集中的な英語の授業、英語をツールにして学ぶ科目の実施、SALCなどを利用した自学自習、CASEC、TOEIC、英検など外部検定試験受験の奨励などを通じて入学時の英語運用能力をさらに引き上げます。東アジア諸言語(ロシア語・中国語・韓国語)においては、1年次の必修科目と2-3年次の集中的な選択科目によって、各言語運用能力の向上を図ります。

(2)国際地域学科が求める学生像

国際地域学科では、次のような学生を求めています。

  • 英語の高いスキルを習得しようという意欲とそのための基礎的な力を持つ人
  • 政治・経済の視点から現代世界が直面する諸課題について学修し、国際社会の平和と発展に貢献したい人
  • ロシア・中国・韓国の言語・文化・社会について学修し、東アジア諸国を中心とした交流の創出・推進に貢献したい人
  • 異なる文化や言語について比較研究を行い、地域の国際化や国際交流に貢献したい人
  • 地域の生活・まちづくりや環境問題について学修し、地域の再生・発展に寄与したい人
  • 留学、ボランティア、国際交流などに積極的に参加したい人
  • 豊かな海外経験を生かして、キャンパスや地域における多言語・多文化社会の構築に参画したい人
  • 中学校・高等学校教諭一種免許(英語)を取得して教員になることを目指す人
(3)大学入学までに身につけておくことが望ましい知識・能力・態度
  • 高等学校の教育課程に基づき学修して得た「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力」、「主体性・多様性・協働性」
  • 英語の4技能「読む・書く・話す・聞く」をバランスよく習得していること。入学時にCEFR(ヨーロッパ共通参照枠)B1レベル(「自立した言語使用者」のレベル。英検2級程度)以上の英語運用能力を有していること。
(4)選抜の基本方針
【推薦入試】

小論文、英語リスニング、面接及び出願書類等(調査書・推薦書等)の内容を総合的に判定します。小論文においては「問題理解力」「構成力」「論理性」「文章力」等を評価します。

【特別選抜】(海外帰国生特別選抜)

書類審査、面接及び筆記試験の内容を総合的に判定します。筆記試験は、日本語と英語の要約力をみる問題と、日本語と英語のうち得意な言語で行う作文で構成されます。

【特別選抜】(外国人留学生特別選抜)

書類審査、面接及び筆記試験の内容を総合的に判定します。筆記試験は、日本語と英語の要約力をみる問題と、日本語と英語のうち得意な言語で行う作文で構成されます。

【一般選抜A日程】

大学入試センター試験においては3教科3科目又は4科目を課し、高等学校卒業レベルの学力を評価します。個別学力検査では、英語を課し、英語の「読解力」「表現力」を評価します。

【一般選抜B日程】

大学入試センター試験においては5教科5科目又は6科目を課し、高等学校卒業レベルの学力を評価します。個別学力検査では、英語を課し、英語の「読解力」「表現力」を評価します。

【一般選抜C日程】

大学入試センター試験においては英語(リスニングを含む)を課し、高等学校までの英語の総合力を評価します。個別学力検査では、小論文を課し、「問題理解力」「構成力」「論理性」「文章力」等を評価します。


2 人間生活学部

人間生活学部は、人間に対する深い理解に基づき、グローバル化の進む地域の中で人々のQOL(Quality of Life)の向上を志向しながら、「育」と「食」を中心に豊かなヒューマンライフを創造し、子どもから高齢者まで生き生きと暮らせる社会の実現に貢献できる人材を育成することを目的としています。人間生活学部は、「育」をキーワードとする子ども学科と、「食」をキーワードとする健康栄養学科からなっており、それぞれの学科の目的を理解し、夢に向かって努力する学生を求めています。

●子ども学科

(1)教育内容・特色

子ども学科は、人間に対する深い理解に基づき、その発達、その援助に関して科学的に探求し、実践的・専門的力量を持つ人材の育成を目指しています。また、教育の根幹はヒューマン・リレーションにあると考え、教員と学生との人間的交流を大切にしながら、きめ細かな教育を行います。

(2)子ども学科が求める学生像

子ども学科では、次のような学生を求めています。

  • 乳幼児期の子どもの育ちに関心を持ち、その教育・保育に携わりたい人
  • 子どもや家庭、地域社会の課題に関心を持ち、その解決に携わりたい人
  • 福祉の専門職として、地域や社会に貢献したい人
  • 他者の考え、気持ちを理解しようとする人
(3)大学入学までに身につけておくことが望ましい知識・能力・態度
  • 文化や歴史、社会問題に関する基本的な知識
  • 問題の解決に取り組む姿勢と問題を総合的に分析し的確に判断できる力
  • 様々な人とのコミュニケーションの基礎となる語学力と自分の考えを自分の言葉で表現しようとする姿勢
(4)選抜の基本方針
【推薦入試】

小論文、面接及び出願書類等(調査書・推薦書等)の内容を総合的に判定し、本学科で学ぶうえで必要な学力及び教育・保育・福祉の専門職として地域や社会に貢献したいという意欲を評価します。

【特別選抜】(海外帰国生特別選抜)

推薦入試に準じて総合的に判定します。

【特別選抜】(外国人留学生特別選抜)

推薦入試に準じて総合的に判定します。

【一般選抜A日程】

多様な学生に入学機会を与えるため大学入試センター試験の結果で判定します。高等学校までの学習成果と教育・保育・福祉の専門職の学習に必要な「知識」「読解力」「論理的思考能力」を大学入試センター試験の国語、英語(リスニングを含む)及び他1教科により評価・判定します。

【一般選抜B日程】

大学入試センター試験の国語、英語(リスニングを含む)、数学及び他2教科により高等学校までの学習成果を問うほか、個別学力検査の英語及び小論文により、教育・保育・福祉の専門職の学習に必要な「知識」「読解力」「論理的思考能力」「文章力」「表現力」を評価・判定します。

【一般選抜C日程】

大学入試センター試験の国語、英語(リスニングを含む)により高等学校までの学習成果を問うほか、個別学力検査の小論文及び面接により、教育・保育・福祉の専門職の学習に必要な「知識」「読解力」「論理的思考能力」「文章力」「表現力」「学修に対する意欲」等を評価・判定します。


●健康栄養学科

(1)教育内容・特色

生命の尊厳を知り・守るための食育、科学的根拠に基づく栄養・食生活の指導による健康の維持・改善、安全で健康的な食生活の支援によって地域・社会に貢献する人材養成を目指した教育を行います。

(2)健康栄養学科が求める学生像

健康栄養学科では、次のような学生を求めています。

  • 生命の尊厳を知り、高い倫理観を有している人
  • 食が生命を育み、人を育てる根源であることに関心をもっている人
  • 栄養に関する専門知識と技術を主体的に身につけ、人々の健康に貢献したいという意欲を持つ人
  • 栄養・食生活の指導に求められるコミュニケーション能力をもっている人
  • 管理栄養士の資格取得を目指す人
(3)大学入学までに身につけておくことが望ましい知識・能力・態度
  • 栄養学の基礎となる関連科目の基礎的な知識
  • 「読解力」、「論理的思考力」、「文章表現力」
  • 健康の維持・改善及び安全で健康的な食生活の支援に必要な技能やコミュニケーション能力の向上に、主体的・協調的に取り組む態度
(4)選抜の基本方針
【推薦入試】

栄養学を学ぶうえで必要な基礎学力を化学の試験により把握します。論理的思考力やコミュニケーション能力、主体的に学ぶ態度や人々の健康に貢献したいという意欲を、面接及び出願書類等(調査書・推薦書等)の内容から総合的に判定します。

【特別選抜】(海外帰国生特別選抜)

推薦入試に準じて総合的に判定します。

【特別選抜】(外国人留学生特別選抜)

推薦入試に準じて総合的に判定します。

【一般選抜A日程】

栄養学を学ぶために必要な「知識」「読解力」「論理的思考能力」「文章表現力」を大学入試センター試験の数学、理科、国語及び英語(リスニングを含む)で判定します。コミュニケーション能力、主体的に学ぶ態度や人々の健康に貢献したいという意欲を、面接及び調査書等で判定します。

【一般選抜B日程】

多様な学生に入学の機会を与えるため、A日程の大学入試センター試験利用教科・科目に地理歴史、公民を加えます。

【一般選抜C日程】

先進的な栄養学の知識や情報の取得・発信に意欲がある学生を求めます。その基礎となる知識・能力の有無を、大学入試センター試験の理科及び英語(リスニングを含む)により判定します。

ページの先頭へ