セメスター制の導入

学生がより効果的な履修計画を立てられるようにするため、また、海外からの帰国子女及び留学生の入学を円滑に受け入れられるよう、授業は半期完結型のセメスター制度を導入します。

1学年を2学期で構成し、一つの授業を学期(セメスター)毎に完結させるセメスター制は、1学期のなかで少数の科目を集中的に履修し、学習効果を高めることに意義があります。

学部・学科の特色

新潟県立大学は、知識・技能・態度等を総合的に活かし、知的な行動力でグローバルそしてローカルなコミュニティに貢献できる人材の育成を目的とします。

グローバルそしてローカルなコミュニティの今日的な課題に取り組み、学際的に研究・教育をする観点に立ち、国際化に対する基礎体力(語学力)を鍛えます。また現代社会の変化に即応できる教養教育を実践し、学生の自己実現を支援する中で専門的知識・技能を有し地域社会に活躍できる人材を育成します。ひとづくりを通じて地域の国際化・振興に貢献することを目標とします。


このため、新潟県立大学の教育課程を大きく、基盤科目(教養教育)と展開科目(専門教育)にわけ、1年次および2年次の「基盤科目」では、英語を中心とした「外国語科目」と、情報処理システムの活用と生涯スポーツなどを学ぶ「基本技能科目」、豊かな教養教育を行う「現代教養科目」の科目区分を設け、大学教育の基盤となる教育を行います。「基盤科目」を修得後、学部学科ごとの専門分野である「展開科目」に移行し、学習成果の取りまとめとして4年次に「卒業研究」に取り組む教育課程の構成としました。

教育課程編成の基本的な考え方

※具体的な授業科目の内容(シラバス)はオンライン検索システム

教育課程は、基盤科目、展開科目、卒業研究の3つの科目区分で構成します。基盤科目には、基礎体力としての英語を中心とした語学力と現代人としての豊かな教養を身につける「外国語科目」、「基本技能科目」、「現代教養科目」があります。展開科目は学部学科の特色に応じた専門教育科目があります。4年次に学習の締めくくりと専門的な研究を行うための「卒業研究」があります。 教育課程の編成の特徴は以下の通りであります。

  • 1年次に「国際学」、「新潟学」に関する科目を開設し、現代人としての国際知識を修得し、あわせて新潟県がおかれている現状を理解できるよう工夫しています。
  • 1~2年次にかけて、実践的な英語活用能力を身に付けるため、学部共通の基盤科目として、英語科目(ACE: Academic Communicative English)を設置します。
  • 教育課程は教養科目である基盤科目群と学科専門科目を学ぶ展開科目で構成されます。

基盤科目は、英語活用能力を身に付ける「外国語科目」、学生の基本的な技能を身に付ける「基本技能科目」と哲学、歴史、美術、西洋音楽、ジェンダーなどを学ぶ「現代教養科目」で構成されます。

展開科目は学科ごとの特色に応じた科目群を設定し、履修モデルと履修指導により、学生一人ひとりがその独自な問題関心を深められるよう工夫しています。

外国語教育の特色

1.英語教育の特色

新潟県立大学は英語教育に特色があります。グローバルな環境で英語が使える学生の育成を目標とし、1~2年次に集中して英語教育ACE(Academic Communicative English)を実施します。英語教育の特色は以下の通りです。

  • 1年次は英語の4技能の基礎を身につけるため、学部共通の必修科目として設定します
  • 話し聞くだけではなく、インターネット時代に即して読み書くことも必要です。このため、英語の受信・発信能力をともに伸ばして行くための積み上げ科目を用意します。
  • 2年次ではスキル別クラス、あるいは、目的別クラスを用意します。
  • 入学直後に全学生に英語テストを実施し、各自の英語力を把握させ、習熟度を考慮したクラスを編成します。
  • 英語担当の専任教員として、日本人教員9名に加え、ネイティブ・スピーカー教員6名を配置します。
  • 課外の学習支援として、自学自習のためのセルフ・アクセス・センターを設置し、ライティング・スピーキングの指導を充実します。
  • CALL(Computer-Assisted Language Laboratory)やNBLT(開放型CALL:Network-Based Language Teaching)による自律学習を進める。

このような英語クラスと自学自習で培われた英語力は、海外研修や国際社会、比較文化、東アジア、地域環境など展開科目を構成する科目群における英語による授業や英語資料を用いる授業でさらに鍛えられます。

2.東アジア言語の教育

  • 新潟県立大学の外国語教育のもう1つの特色は、ロシア語・中国語・韓国語という環日本海諸国の言語を学べる充実した学習環境があることです。特色は以下の通りです。
  • 国際地域学部の学生を対象に、初習外国語としてのロシア語・中国語・韓国語の3言語のうち1つを2年次から学習し、東アジア地域に対する学生の学習の動機づけを行います。
  • 1年次の「東アジアの諸言語」の導入講義をへて、希望者は集中的に学べるカリキュラムを構築します。語学授業の三分の一は、 ネイティブ教員による授業で、徹底した発音指導と会話授業をダイレクト方式でおこないます。
  • 学んだ言語を現地で実際に使い、同時に地域の文化も学ぶ「海外研修」を開設します。

学科における教育課程編成の考え方

国際地域学部国際地域学科

国際地域学科は2年次から学習者のニーズに応じて国際社会コース、比較文化コース、東アジアコース、地域環境コースの4コースに分かれて履修します。国際社会及び地域社会の現状と課題を本格的に学習するためには、社会科学、人文科学、自然科学の学際的な枠組みに基づくコース設定が有効であり、学生は、自らの関心と適性に従って、社会科学(国際社会)、人文科学(比較文化、東アジア)、自然科学(地域環境)の4コースのいずれかを選択し、コース科目を本格的に学ぶとともに、他コースの関連科目を学習することによって、学際的で総合的な能力を身につけることができます。

国際社会コース 政治・経済の視点から現代世界が直面する諸課題を検討し、国際社会の平和と発展のために貢献できる人材を育成します。国際社会コース設置の目的は、国際社会と地域社会双方の公正かつ持続可能な発展に寄与するため、グローバル化の進展に伴って生じる国際的・地域的諸問題の本質を学問的に深く考察することです。
このため、国際社会コースのカリキュラムでは、「政治」「経済」分野の国際社会基幹科目、国際社会演習科目、国際社会基礎文献講読、国際社会選択科目を配置します。
比較文化コース 文化、言語の面から地域の国際化や国際交流に貢献できる人材を育成します。比較文化コースの設置の目的は、急速に進むグローバル化の中で課題となっている個別文化の尊重と相互理解と共存、並びに多言語の共存とを、諸文化の比較をとおして専門的かつ総合的に研究することです。
このため、比較文化コースのカリキュラムに、「哲学」「文化人類学」「言語学」などの比較文化の基本的学問を修得する比較文化基幹科目と総論科目を配置し、さらに、人間と文化あるいは言語の関わりと歴史、並びに文化・言語の諸相を比較の手法で学修する各論を選択科目として設置します。
東アジアコース 新潟県と交流の深いロシア、中国、韓国との国際交流の中核となる人材を育成します。わが国との間に格別な歴史的関係をもっている日本海対岸諸地域と真の相互理解に基づいた交流を行なうためには、それらの地域の事情に通じ、かつ英語だけではなく対象地域の言語を相当程度に駆使できる人材が必要です。
このため、東アジアコースのカリキュラムでは、東アジアの文化と歴史の理解を深める東アジア共通科目を学ぶと共に、東アジア諸国の言語習得に力点を置き、ロシア、中国、韓国の言語および文化に関する科目を配置します。
地域環境コース まちづくりという視点から、グローバル化が進展する新潟県の地域づくりを担う人材を育成します。 活力のある地域社会の実現は、新潟県の重要な課題であり、環境との調和を図りつつ、地域の特性を活かした「まちづくり」に取り組む必要があります。そのため、地域の生活とまちづくり、地球環境問題について学修するコースを設け、新潟県の「地域の再生」に寄与する人材を育成する地域環境コースを設置します。
このため、地域環境コースのカリキュラムでは、地域環境コースの基幹科目を配置する「地域環境基幹科目」と、経済、政策、資源の面から地域と地球環境の相互関係や環境・都市の政策の基礎を学ぶ「環境・社会関連科目」、地域の生活について理解を深め、生活や化学物質等の快適性や安全性を扱う「環境・生活関連科目」、自然と調和した地域づくりと持続的発展の可能な都市づくりについて学ぶ「環境デザイン関連科目」の4つの科目群を配置し、自然と共生する地域づくりについて学修できるよう構成しました。

人間生活学部子ども学科

子ども学科の展開科目は、学部共通科目と専門科目からなります。学部共通科目で学部が目指す人間としての基本的知識・技能を身につけるとともに、専門科目で高度な専門的知識・技能を学びます。

子ども学科の専門科目は、保育者(幼稚園教諭と保育士)養成という学科の主たる目的を達成するために、また、地域における子どもの育ちと福祉に貢献できる人材を育成するために、「保育の本質と目標」「子どもの心とからだ」「子どもの文化」「保育の内容・方法」「地域社会と福祉」「総合演習と教職実践演習」「実習」の科目群と「卒業研究」から編成されています。

人間生活学部健康栄養学科

健康栄養学科の展開科目は、学部共通科目と専門科目からなります。学部共通科目で学部が目指す人間としての基本的知識・技能を身につけるとともに、専門科目で高度な専門的知識・技能を学びます。専門科目は専門基礎分野科目と専門分野科目に分けられ、専門基礎分野科目では、「社会・環境と健康」「人体の構造・機能及び疾病の成り立ち」「食べ物と健康」「関連科目」の科目群を学びます。専門分野科目には、「基礎栄養学」「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」「給食経営管理論」「総合演習」「臨地実習」などの科目群と「卒業研究」が配置されており、高度な専門的知識・技能を学修できるようなっています。

健康栄養学科では、現代の多様化した生活者ニーズに対応し、生活習慣病をはじめとした栄養学に求められる役割にこたえるため、健康と栄養分野のスペシャリスト(管理栄養士、栄養教諭)の養成を行います。

ページの先頭へ