教育体制

新潟県立大学では、国際地域学部と人間生活学部の2学部で構成されています。

新潟県が国際拠点として発展していくことにより、ビジネスばかりではなく日常生活においても外国人と交流する機会が増えており、外国人の子どもの保育や企業の外国人従業員の健康管理など多方面にわたって国際化が進展しています。このような状況をふまえ、本学では国際化に対応した語学力を教育のベースにおき、その上で本県が抱える地域課題に対応でき、地域づくりの中核となる人材を育成します。


国際地域学部は、教養教育と専門科目を総合して学ぶ学部として、国際的に活躍でき、また地方におけるグローバル化への対応能力に優れた、地域づくりの中核的人材を養成することを目的とします。


人間生活学部は、人間についての深い理解に基づいて、育と食を中心に豊かなヒューマンライフを創造し、地域社会の発展に貢献できる人材を育成することを目的とします。そのため、乳幼児保育の現場で中核として活躍できる人材の育成を主たる目的とする子ども学科と、生活習慣病の予防や健康の維持・回復に食と栄養の面から総合的に対応できる人材を育成する健康栄養学科を置きます。

どのような人材を育成するのか

国際地域学部

今日の知識や情報の量が飛躍的に増え、急速に変化する現代社会では、社会の変化に主体的に対応できる幅広い視野と総合的な判断力、豊かな創造性を兼ね備えた人材が求められています。このような社会的要請に応えるため、国際地域学部は、知識・技能・態度等を総合的に活かし、知的な行動力でグローバルそしてローカルなコミュニティに貢献できる人材を育成することを目標とします。

地方都市である新潟県の地域性を考慮し、具体的には以下の人材を育成します。

  • グローバルな社会で活躍するため、読み、書き、聞き、話すことができる日本語と英語のコミュニケーション・スキルを有し、わが国の文化を世界へ発信することができる人材
  • 豊かな人間性に裏打ちされた専門知識と技能を身につけ、専門学問領域を体系的に理解し、地域社会に貢献できる行動力のある人材
  • 多様化・複雑化した現代社会の変化に対応でき、総合的に調整できる能力を持つ人材
  • グローバル化による国際社会の変容を政治、経済、文化、地球・地域環境の観点から総合的に考察でき、情報の収集や交渉、調整する行動力と課題について深く物事を考え抜く力をもって、地域づくりに貢献できる人材

人間生活学部

人間生活学部では、育と食を中心に豊かなヒューマンライフを創造し、地域社会の発展に貢献できる高度専門職業人を育成するために、子ども学科と健康栄養学科からなります。

子ども学科

子ども学科では、深い人間理解に基づいた人間的知恵と幅広い教養、高度な専門的知識を持って人間形成の最も重要な乳幼児期の保育の現場で中核として活躍できる人材の育成を目指すとともに、地域における子育て支援などの子どもの育ちと福祉に貢献できる人材を育成することを目的とします。

健康栄養学科

健康栄養学科では、生活習慣病が増加する中で、食育指導や疾病予防、高齢者等への栄養指導について、高度化・複雑化する現状に適切に対応できる人材の育成することを目的とします。

想定される卒業後の進路

国際地域学部

国際地域学部の教育をとおして培われる「英語を中心とした語学活用能力」と「政治・経済・文化・地域づくりに係わる専門的知識」を生かし、下記の分野での活躍が期待されます。

国際社会コース 英語等の語学能力と政治、経済、法律に関する専門知識を生かした進路
公務員、金融関係、商社や輸出入関連企業など
比較文化コース 英語等の語学活用能力と異文化理解の視点を生かした進路
英語教員(中学校・高等学校)、メディア業界、公務員、運輸業、旅行・観光・ホテル業、教育サービス業(英語)など
東アジアコース 英語およびロシア語、中国語、韓国語の語学活用能力と異文化理解の視点を生かした進路
公務員、メディア業界、英語教員(中学校・高等学校)、運輸業、旅行・観光・ホテル業、教育サービス業(ロシア語、中国語、韓国語)など
地域環境コース 専門知識を生かし、英語や日本語の高度習得技術を活用できる進路
旅行・観光・ホテル業、農林漁業・地場産業支援、NPO・NGO等の団体職員、公務員、アパレル・住宅・不動産など環境・生活・デザイン関連企業など

人間生活学部

子ども学科

幼稚園、保育所、認定子ども園などの乳幼児保育の現場を中心に、地域の子育て支援センター、障がい児施設、行政機関、子ども関係の企業への就職が期待されます。

  • 幼稚園、保育所、認定こども園
  • 地域子育て支援センター、NPO
  • 障がい児施設等の児童福祉施設
  • 行政機関(一般職、教育職、福祉職)
  • 民間企業(子どもの玩具、絵本などの会社)

健康栄養学科

病院や老人福祉施設における管理栄養士をはじめ、栄養教諭、食品会社の企画開発や品質管理部門、企業の社員に対する健康管理業務、健康産業での栄養指導業務などの分野への就職が期待されます。

  • 特定給食施設(病院・学校・事務所・社会福祉施設・児童福祉施設・矯正施設等)
  • 行政機関(都道府県の栄養指導員・衛生監視員、市町村保健センター)
  • 学校(栄養教諭・学校栄養職員)
  • 地域医療センターや企業の健康管理部門および健康産業での栄養指導員
  • 食品会社(企画開発・品質管理等)

取得できる資格、免許

国際地域学部

  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)

人間生活学部

子ども学科

  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 保育士資格
  • 社会福祉士の国家試験受験資格

健康栄養学科

  • 栄養士免許
  • 管理栄養士の国家試験受験資格
  • 栄養教諭一種免許状

ページの先頭へ