学会長挨拶

 新潟人間生活学会は、新潟県立大学が開学した平成21年(2009年)に人間生活学部所属教員有志により創設されました。本学会は、人間生活に関する研究の推進・発展と、研究の社会への発信や、研究に対する社会のニーズを受け取る場となるべく活動をしています。具体的な活動には、毎年夏の学術大会の開催と、年度末の学会誌「人間生活学研究」の発行があります。学術大会では、学外のシンポジストも参加したシンポジウム企画と学会員による研究発表をおこなっています。学会誌では、毎年多くの投稿があり、人間生活に関する研究を広く発信する場となっています。
 会員は、新潟県立大学の教員に限らず、「人間生活」の研究をしている方であれば、どなたでもなることができます。まだ歴史の浅い学会ではありますが会員一同が「人間生活学」をキーワードとして研究を推進し、互いに切磋琢磨できる場として発展させるように努力していきたいと思っています。

学会長  村山伸子