言語・文化の交差点~
アプローチは無限大

Cross-Cultural
Studies
Course

グローバル化はともすれば地域の言語や文化を破壊します。国際交流のためには、多言語・多文化の尊重と共存に貢献できる人材が必要です。このコースでは、それぞれの歴史を担ったさまざまな社会の言語・文化を比較研究することで、人間相互の深い理解を目指します。

主な研究テーマ

  • 言語と社会
  • 歴史と文学
  • 多文化共生
  • ジェンダーとマイノリティー
  • メディアリテラシー

想定される卒業後の進路

  • メディア業界
  • 運輸業
  • 教育サービス業(英語)
  • 旅行・観光・ホテル業
  • 英語等の語学活用能力と異文化理解の視点を生かした進路
  • 英語教員(中学校・高等学校)
  • 公務員 など

比較文化コース 科目一覧(平成29年度)

  • 文化人類学
  • 比較文化論
  • 言語学
  • 哲学・倫理学
  • 比較宗教学
  • 言語文化論
  • 現代文化論
  • 比較文学
  • Principles of Applied Linguistics
  • 文化人類学演習Ⅰ
  • 文化人類学演習Ⅱ
  • 比較文学演習
  • 環境文学・文化演習
  • ヨーロッパ近現代史
  • 言語の科学A(文法と意味)
  • 言語の科学B(音声と音韻)
  • 社会言語学
  • Psycholinguistics
  • Principles of Language Acquisition
    and Learning
  • Principles of Bilingual Education
  • Principles of Language Teaching
  • Introduction to World Englishes
  • 哲学演習
  • 倫理学演習
  • ジェンダーと社会
  • 日本文化概論
  • 英語圏の社会と文化
  • 英語圏の文化と思想
  • 英語圏文化・思想演習
  • ポストコロニアルの思想と文化
  • アメリカ表象文化論
  • アメリカ社会文化史
  • アメリカ社会文化論
  • Radical History
  • ロシア民俗概論
  • ロシア表象文化論
  • 日露交流史
  • 近代中国の社会と文学
  • 現代中国の社会と文学
  • 朝鮮半島の社会と文化
  • 日本語概論
  • 中国言語文化論
  • 中国言語文化演習
  • 英語音声学
  • 英語学概論Ⅰ(基礎)
  • 英語学概論Ⅱ(発展)
  • 英語統語論研究Ⅰ
  • 英語統語論研究Ⅱ
  • 英語学演習I
  • 英語学演習Ⅱ
  • 英語教育と英米文学
  • Discourse Analysis
  • Second Language Acquisition
  • ドイツ語原書講読基礎
  • ドイツ語原書講読発展
  • 日本語教育学概論
  • 日本語教育学演習

教員・授業紹介

木佐木 哲朗 教授
専門分野/
社会人類学
主な担当科目/
文化人類学、比較文化論、東南アジア研究、開発人類学

文化人類学

多様な社会の人々が培ってきた文化の比較を通して、人類の共通性のみならず異質性に注目し人間を考える学問の入門科目です。文化の概念を規定し、その担い手としての民族やそれらと深く関わる人間の言語の特性を踏まえた上で、進化論・伝播論・機能論・構造論等を概説します。そして、文化の多様性と相対性の理解に努めます。

在学生からのメッセージ

比較文化コース 4年生(女性)

国際地域学部では、自分の学びたい分野に合わせて4つのコースから選択できます。選んだコースに専念するだけではなく、興味のある他のコースの授業も積極的に受講することで、より知識の幅が広がり、多面的に物事を考察する力が養われると思います。例えば、文化に関する講義と併せてその国の言語も学ぶことで、更に理解を深めることができます。複数の外国語を知れば、それだけ多くの発見もあります。つまり、自分のやりたいことをやりたいようにやりたいだけやる。国際地域学部では、それが可能なのです。

ページの先頭へ